ワイルド7 作品情報

わいるどせぶん

悪だからこそ退治できる悪がある。超法規的警察組織・ワイルド7がド派手な挑戦状を叩きつける!

ワイルド7のイメージ画像1
ワイルド7のイメージ画像2

警視庁の草波警視正によって組織された「ワイルド7」。彼らは凶悪犯を処刑する権限を与えられた超法規的警察組織だ。銀行強盗犯を追っていたワイルド7メンバーの飛葉大陸が犯人を処刑しようとしたところ、謎のライダーが犯人をライフルで射殺し走り去った。そのライダーを追った飛葉は、本間ユキという女性と出会い、彼女を愛し始める。そんな中、ウイルステロが起こり、ワイルド7が出動。黒幕を確保した時、ユキが姿を現す…。

「ワイルド7」の解説

1969~79年に連載されていた望月三起也の伝説のコミックスを映画化。元来、犯罪者でありながら、国家の最高機密として凶悪犯を退治する任務を与えられた男たち“ワイルド7”の活躍を描く。建設中の高速道路を使用した路上での銃撃戦や、市街地を封鎖しての銀行強盗など、これまでの邦画のイメージを覆すド派手なアクション・シーンはなかなかの見もの。銃撃戦ではなんと1500発の銃弾を使用したという。瑛太、椎名桔平、丸山隆平、宇梶剛士、阿部力ら、ワイルド7を演じる全員がバイクの免許保持者ということで、バイクに乗りながらのアクションという難しい撮影を見事にこなして見せている。監督は「海猿」シリーズの羽住英一郎。

ワイルド7のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年12月21日
キャスト 原作望月三起也
監督羽住英一郎
出演瑛太 椎名桔平 丸山隆平 阿部力 宇梶剛士 平山祐介 松本実 要潤 本仮屋ユイカ 中原丈雄 吉田鋼太郎 深田恭子 中井貴一
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 日本(2011)
上映時間 109分

(C)2011「ワイルド7」製作委員会

手軽に動画で視聴する

DVD・ブルーレイ発売情報

ワイルド7

ワイルド7ジャケット写真
発売日2012年5月23日
価格3,980円(税込)
発売元ワーナー・ホーム・ビデオ
販売元ワーナー・ホーム・ビデオ
型番1000296732


【特典】
特報、TV SPOT集(設定編、国家編、ドラマ編)、劇場予告編

(C)2011「ワイルド7」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:4.31点★★★★☆、13件の投稿があります。

P.N.「最初と最後」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2012-01-26

期待してたせいか少し放心。最初と最後の演出は好きでのれるのに間の半端さが際立つ。アメコミ原作品も好きなのにこの乗りきれてない嘘が剥がれてる感はかなり映画の醍醐味をそぐ。多分脚本の構成に難があるのだろう。瑛太が主役で続編が作れるエンディングだったけどないだろうな。

最終更新日:2019-09-01 00:01:01

広告を非表示にするには