日輪の遺産 作品情報

にちりんのいさん

1945年、夏。マッカーサーの財宝200兆円の運命は、20人の少女の小さな手に託された……

日輪の遺産のイメージ画像1
日輪の遺産のイメージ画像2

終戦間近の昭和20年8月10日。帝国陸軍の真柴少佐は、阿南陸軍大臣ら軍トップに呼集され、ある重大な密命を帯びる。山下将軍が奪取した900億円(現在の貨幣価値で約200兆円)ものマッカーサーの財宝を、秘密裡に陸軍工場へ移送し隠匿せよ……。その財宝は、敗戦を悟った阿南らが祖国復興を託した軍資金であった。真柴は、小泉中尉、望月曹長と共に極秘任務を遂行。勤労動員として20名の少女たちが呼集される。御国のため、それとは知らず財宝隠しに加担するが、任務の終わりが見えた頃、上層部は彼女らに非情きわまる命令を下す。果たして少女たちの運命は?そして財宝の行方は…?

「日輪の遺産」の解説

「鉄道員」「地下鉄に乗って」など、数々の名作を世に送り出してきた、日本を代表するベストセラー作家・浅田次郎。1993年発表の「日輪の遺産」は、根強い人気作にして、浅田氏自身が映像化を熱望し続けてきた。「初めて自由に書いていいと言われ、書き上げて世に出したとき、ようやく小説家になれた気がした」という、浅田文学の原点が映画化。監督は『半落ち』『出口のない海』の佐々部清、そして『武士の家計簿』『ゴールデンスランバー』の実力派・堺雅人を主演に、更に、中村獅童、福士誠治、ユースケ・サンタマリア、八千草薫ら豪華共演陣を迎え、スケール感溢れる感動作が誕生した。(作品資料より)

日輪の遺産のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年8月27日
キャスト 監督佐々部清
原作浅田次郎
出演堺雅人 福士誠治 ユースケ・サンタマリア 八千草薫 森迫永依 麻生久美子 塩谷瞬 八名信夫
配給 角川映画
制作国 日本(2011)

(C)2011「日輪の遺産」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「日輪の遺産」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:02:05

広告を非表示にするには