豆富小僧 作品情報

とうふこぞう

何もできない妖怪・豆富小僧が現代の東京で狸一族と対決! 一丁前の豆富になれるのか…?

豆腐をお盆に乗せて立っているだけの妖怪、豆富小僧は、人間を怖がらせるどころか笑われてばかり。父親の妖怪総大将の見越し入道に叱られて家出をした豆富は、妖怪の敵・狸一族に騙され、お目付役の達磨先生と一緒にお堂に閉じ込められてしまう。やっとお堂から出られたと思ったら、そこは200年後の現代東京。妖怪たちの姿は全く見えなくなっていた。妖怪たちを捜していた豆富は、妖怪を見る事ができる人間の少女・アイと出会う。

「豆富小僧」の解説

世界妖怪会員である作家・京極夏彦の原作小説「豆腐小僧双六道中ふりだし」を手書きアニメと3DCGアニメを融合させて映画化。豆富小僧、達磨、死神、狸などの昔ながらの妖怪たちがスクリーンいっぱいに暴れ回る冒険物語だ。何もできない半人前の妖怪・豆富小僧が現代の東京で人間たちと出会い、人間を操ろうとしている狸たちと対決していく。大型台風が近づく中での、妖怪対狸たちの戦いは3Dの効果が最大限に活かされ、手に汗を握る迫力だ。か弱い豆富小僧の成長を描きながら、自然への畏敬を忘れた人間たちに、警鐘を鳴らしている作品でもある。豆富小僧の声は深田恭子が担当。ほか武田鉄矢、大泉洋、小池徹平らも妖怪役で参加している。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年4月29日
キャスト 総監督杉井ギサブロー
監督河原真明
原作京極夏彦
声の出演深田恭子 武田鉄矢 松平健 小池徹平 大泉洋 宮迫博之 平野綾 はるな愛 壇れい
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 日本(2011)
上映時間 86分

(C)2011「豆富小僧」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.67点★★★★☆、5件の投稿があります。

P.N.「獅子座」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2014-06-01

豆腐小僧がすっごい可愛いですー豆腐がプルプル揺れてて可愛いです。妖怪って本当にいたらいいのになー


レビューを投稿する

「豆富小僧」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-02-14 10:00:47

広告を非表示にするには