パリより愛をこめて 作品情報

ぱりよりあいをこめて

知性派な見習いと過激な凄腕。最悪な相性の二人は爆弾テロを止められるか!?

パリのアメリカ大使館員・リースには上司にも婚約者にも言えない秘密があった。CIAの見習い捜査官として諜報活動に従事していたのだ。繊細な性格で人を撃った事もない彼は、いつかはエージェントとして華やかな活躍を夢見ていた。そんな彼の元にワックスという相棒が現れる。推理力も腕力もピカイチ、口よりも先に銃を撃つ危険な男だ。彼らの初任務である麻薬密売組織の捜査が終わりに近づいたとき、意外な事実が発覚する…。

「パリより愛をこめて」の解説

原案リュック・ベッソン、監督ピエール・モレルという、『TAXi』『96時間』のコンビが花の都・パリを舞台に織り成す極上のサスペンス・アクション。過激で行動派な敏腕捜査官・ワックスをハリウッドのトップスターであるジョン・トラボルタが、繊細で知性派の新米捜査官リースをジョナサン・リース・マイヤーズが演じる。どこまでも対称的でありながら息の合った二人の掛け合いは軽妙で、過激でありながらどこかユーモラスに満ちている。バディ・ムービーは基本的に性格や立場が異なる二人がコンビを組み、事件を引き起こしたり解決するのがパターンだが、ここまで性格も立場も特徴も正反対な二人も珍しいだろう。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年5月15日
キャスト 監督ピエール・モレル
出演ジョン・トラボルタ ジョナサン・リース・マイヤーズ カシア・スムトゥニアク
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 フランス(2010)
年齢制限 R-15
上映時間 92分

(C)2009 EUROPACORP - M6 FILMS - GRIVE PRODUCTIONS - APIPOULAI PROD

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.65点★★★★☆、17件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-09-07

ジョナサン・リース・マイヤーズと小麦肌の美女カシア・スムトウニアク嬢との愛の関係性。其れに、恰もモンゴリアンなスキンヘッドの麻薬バイヤー風なジョン・トラボルタとの相棒の関係。香港映画風なコミカルなタッチのアクションも交えて繰り広げられる痛快な捜索ものがParisを舞台にして一寸小粋何だねぇ???


レビューを投稿する

「パリより愛をこめて」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-12-13 15:36:47

広告を非表示にするには