京極真珠 作品情報

きょうごくしんじゅ

ふたりの不思議な少女たちの彷徨を、幻想的な京都の街を舞台に描いたドラマ

千年都市・京都、祇園の片隅に立つ廃ビルの殺風景な一室に、珠子と鏡子は住んでいた。言葉を交わすこともなく、鍋で煮込みをつくり続けるふたり。だがある日、珠子が買い物に行っている間に鏡子が姿を消してしまった。鏡子を探して街をさまよう珠子の前に、ひとりの托鉢坊主が現れる。坊主から人魚の肉を食べ、800年生き延びた女の話を聞かされた珠子は、彼に誘われるまま、街の中にポッカリと空いた迷宮のような空間に迷い込んだ。珠子が部屋に戻ってみると、鏡子が帰っていた。出来上がった煮込みを食べて、ふたりはビルの屋上で命を絶つ。

「京極真珠」の解説

監督は京都自主映画界の雄・佐藤訪米。脚本は佐藤と野口博司の共同。撮影を清水洋策が担当している。主演は新人・豊田奈千甫と、「小林ひとみの快楽熟女 とろける」の葉月螢。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督佐藤訪米
出演豊田奈千甫 葉月螢 星野建一朗 芥正彦
制作国 日本(1997)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「京極真珠」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:59:40

広告を非表示にするには