瞬 またたき 作品情報

またたき

北海道の美しい自然の中で、失った記憶を取り戻そうとする女性の、愛と喪失の物語

叔母の経営する生花店で働いている泉美は、美大生の淳一と付き合っていた。ある日、淳一の運転するバイクで桜を観に行った二人は、交通事故に遭遇。淳一は死亡し、泉美だけが生き残ったのだが、泉美は事故当時の記憶を無くしていた…。泉美は淳一への罪悪感から、事故の記憶を取り戻そうとメンタル・クリニックに通うが、どうしても思い出せない。そんなある日、弁護士・真希子に出会った泉美は、彼女に事故原因の解明を依頼する。

「瞬 またたき」の解説

河原れんの同名小説を、『解夏』の磯村一路監督が映画化した愛と喪失の物語。北海道の美しい自然の中で、若い恋人たちが悩みながら成長していく姿と、記憶を失った女性が徐々に自分を取り戻して行く姿を描く。恋人を亡くした主人公・泉美を演じる北川景子は、映画冒頭では生気もなく、セリフ回しも単調。しかし、ストーリーが進んで行くごとに生命力を増していく見事な演技の変遷を見せ、彼女の女優としての成長を感じさせている。淳一を演じた岡田将生も、自分らしい生き方を求めて悩みつつも、恋人を愛し抜こうとする大学生を好演。物語のひとつのクライマックスである交通事故のシーンでは、北川、岡田共に迫力の演技を披露している。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年6月19日
キャスト 監督・脚本磯村一路
原作河原れん
出演北川景子 大塚寧々 岡田将生 史朗 永島暎子 深水元基 千崎若菜 田口トモロヲ 清水美沙 菅井きん 徳井優 森下能幸 ジョニー吉長
配給 S・D・P
制作国 日本(2010)

(C)2010「瞬」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、7件の投稿があります。

P.N.「コルドンルージュ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2010-07-29

極限状態の中でも互いを思い合う気持ちが一番大切だと伝えたかったのだろうが、真実がわかる事故のシーンまでが長すぎて飽きた。岡田将生くんと北川景子ちゃんの美しさには救われた。久々に登場した岡田くんの母親役の永島瑛子さんの存在感が素晴らしい。


レビューを投稿する

「瞬 またたき」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-03-19 13:15:45

広告を非表示にするには