スパルタの海 作品情報

すぱるたのうみ

見る者を感動と混乱に突き落とす、日本映画史に残る問題作

非行少年や不登校児の更生施設として全国に知れわたる、愛知県美浜市の戸塚ヨットスクール。そこには、家庭や学校では手に負えなくなった全国の少年少女たちが送りこまれ、日夜激しいスパルタ式ヨット訓練に励んでいるのだった。そして今日もまた、一人の少年が、はるばる東京から送りこまれて来た。少年の名は俊平。入校初日、校長のキックやパンチを食らい、檻の中にぶち込まれても、反抗を全く止めない手強い奴。「まるでウルフやなぁ」校長が思わずつぶやいた。俊平は、もはや“人”の心を失った、凶暴凶悪な“狼(ウルフ)”なのだ。入校前の俊平は一日中部屋に閉じこもり、更には父親を絞め殺す寸前にまで家庭内暴力が悪化していた。何不自由しない裕福な家庭に育ちながら、何が彼をそこまで追い詰めてしまったのか。嫌々ながらも、訓練をスタートさせた俊平。壮絶なシゴキに耐えられず、裸で逃げ出した夜…。突然の仲間の死…。そして卒業してしまった仲間“アッコ”への淡い恋心。さまざまな経験を積んだ俊平は、壮大な大海原に浮かぶ小さなヨットの上で、再び”人”に戻ることが出来るのだろうか…。

「スパルタの海」の解説

豪華スタッフキャストで贈る、戸塚ヨットスクール青春物語。公開直前の1983年6月に、戸塚ヨットスクール内で発生した傷害致死事件が発覚し、校長の戸塚宏が逮捕されたため、急遽上映が中止になってしまった。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年10月29日
キャスト 監督西河克己
出演伊東四郎 平田昭彦 小山明子 牟田悌三 原ひさ子
配給 アルバトロス・フィルム
制作国 日本(1983)
上映時間 105分

(C)「スパルタの海」管理委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「スパルタの海」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:54:41

広告を非表示にするには