ベルナのしっぽ 作品情報

べるなのしっぽ

犬のベルナが、わたしの目になり、希望になった。

病気で視力を失ったしずくは、緊張した表情で「アイメイト」との出会いを待っていた。新しい夢を手に入れるため、犬嫌いを克服し、盲導犬をパートナーにする決心をしたのだ。しかし、ラブラドールレトリバーのベルナを前にすると、しずくの決意はゆらぎそうになった。そんなしずくに指導員は、「ベルナの口に手を入れてみてください」と。恐る恐る手を入れると、ベルナは噛むどころか、手に歯を当てることさえしない。ベルナはプロ意識の強い優秀な盲導犬だったのだ。こうして、しずくとベルナの生活が始まった。

「ベルナのしっぽ」の解説

郡司ななえ原作の同名のベストセラーの映画化。24歳で病気により視力を失った著者の実話に基づいた物語である。主人公のしずくは、まだ盲導犬が社会にあまり認知されていない時代に、ベルナをパートナーにして人生を切り開いた女性。「犬を連れての入店はお断りします」と言う世間と闘いながら、盲導犬への理解を広めていったのである。物語は読めてしまうのだが、これが盲目の女性の実話であることに感動する。主演は、白石美帆、田辺誠一、市毛良枝他。『スウィングガールズ』、『電車男』など、これまでも映画経験のある白石美帆の初主演作である。監督は、『ウォーターボーイズ』など多くのヒット作で助監督を務め、本作が監督デビューの山口晃二。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年9月30日
キャスト 監督山口晃二
脚本鈴木智
出演白石美帆 市毛良枝 田辺誠一 板谷由夏 根岸季衣 北見敏之 螢雪次朗 中村咲哉
配給 シネカノンパブリッシャーズ
制作国 日本(2005)
上映時間 105分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ベルナのしっぽ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:50:23

広告を非表示にするには