ふしぎな国・日本 作品情報

ふしぎなくににほん

東京と山口県美祢市を舞台に、チグハグで愛すべき“日本人”を明るく、鮮やかに描く

東京・××病院。院長の大山を先頭に回診の列が続いている。その横の公衆電話で、たった今丈夫な男の子が生まれたと、山ロ県美祢市の実家に連絡している憲。電話のむこうでは、憲の考えた子供の名前「昂」が気にいらないと、父親の頑太郎が烈火のごとく怒っている。美祢の名所大岩郷。セメント工場の診療所の医者大山貫一は、自分が原因でケガをした頑太郎の娘かつ枝の手当てをしている。この出会いから、若い二人の間に恋が芽ばえていった…。

「ふしぎな国・日本」の解説

脚本は『関白宣言』の紺野八郎、監督は『連合艦隊』の松林宗恵、撮影は『土佐の一本釣り』の長沼六男がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督松林宗恵
出演植木等 財津一郎 玉川良一
制作国 日本(1983)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ふしぎな国・日本」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:49:18

広告を非表示にするには