チャイルド・プレイ/チャッキーの種 作品情報

ちゃいるどぷれいちゃっきーのたね

“チャッキー”ファミリー、血みどろの帰還!! 今度のテーマは家族愛!?

イギリスで腹話術人形としてこき使われている孤児で気弱な性格のシットフェイスは、殺戮人形チャッキー&ティファニーが映画化されるニュースをTVで見て驚く。チャッキーの腕に刻まれた文字は、まさしく自分と同じ。彼らこそ両親に違いないと、一路ハリウッドへ飛び、晴れて親子の対面を果たす。が、我が子の性別と行く末をめぐってチャッキーとティファニーは激しく対立するのだった。男の子・グレンとして殺戮人形の道を歩ませるか、普通の女の子・グレンダとして育てるか…。

「チャイルド・プレイ/チャッキーの種」の解説

まさか“チャッキー”映画で、親子の絆や家族の確執といった深遠かつ普遍的なテーマを見せられることになろうとは。『チャイルド・プレイ』シリーズ全作品の脚本を手がけてきたドン・マンシー二、満を持しての初監督作となったこの第5弾は、単なるスプラッター・ムービーに留まらないホラー×ギャグ+パロディ満載のエンタテインメントに仕上がっていて大いに楽しめる。キャストでは、ティファニーの声優をつとめるジェニファー・ティリーが、なんと本人役でも登場。そのあまりにビッチなハリウッド女優像は、見ている方が心配になるほど痛烈だ。また、いたずら好きのホビット“ピピン”でお馴染みのビリー・ボイドが、自らのアイデンティティに悩むグレン/グレンダ役を達者に演じている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年8月13日
キャスト 監督ドン・マンシーニ
出演ジェニファー・ティリー レッドマン ハンナ・スピリアット ジョン・ウォーターズ
声の出演ブラッド・ドゥーリフ ビリー・ボイド
配給 リベロ
制作国 アメリカ(2004)
上映時間 87分

(C)2004 Focus Features LLC. ALL right reserved.

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「ハナモモ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2018-03-12

チャッキー可愛いすぎ(≧ω≦)b特に小走りなとこ☆シリーズ1、2に比べたらあまり怖さはない。

最終更新日:2019-08-06 10:03:19

広告を非表示にするには