男はつらいよ 寅次郎の告白 作品情報

おとこはつらいよとらじろうのこくはく

甥っこの恋の手ほどきに奮闘する寅さんの奮闘を描くシリーズ第44作

寅次郎の甥・満男が想いを寄せる泉が東京の大手楽器店に就職のための面接に再び上京。それと同時に寅次郎も、柴又へ帰って来た。久しぶりに皆で楽しい一時を送る泉。翌日、泉の会社訪問に付き添う満男だったが、結局、就職はうまくいかないまま泉は静岡に帰ってしまう。また寅次郎も再び旅に出、日本海沿岸の鳥取へと向かった。ところがそこで偶然泉と再会する寅次郎。母親の再婚を素直に喜べない泉は、その寂しさを紛らすために鳥取まで来たのだった。

「男はつらいよ 寅次郎の告白」の解説

甥っこの恋の手ほどきに奮闘する寅さんの奮闘を描くシリーズ第44作。原作・脚本・監督は『息子(1991)』の山田洋次。共同脚本は同作の朝間義隆。撮影は同作の高羽哲夫と『おあずけ』の花田三史が共同でそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督・原作・脚本山田洋次
脚本朝間義隆
出演渥美清 倍賞千恵子 後藤久美子 吉岡秀隆 吉田日出子 夏木マリ 下絛正巳 三崎千恵子 前田吟
制作国 日本(1991)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-08-18

本篇,恋愛指南役の寅さんだが何時もながらに卓袱台を囲んでのタコ社長との言い合いは尽き無いんだ…。山田洋次の落語的な世界と云われる所以だけど,廻りにも居そうな灰汁の強い敵わないキャラなのかも。其れでいてシャイな愛すべき存在!本作ではゴクミの心の支えだったんだ

最終更新日:2019-10-11 10:26:03

広告を非表示にするには