ブエノスアイレス 作品情報

ぶえのすあいれす

ブエノスアイレスを舞台に、さすらうゲイの男2人の人生模様を鮮烈に綴る

アルゼンチン。旅の途中で知り合ったゲイのカップル、ウィン(レスリー・チャン)とファイ(トニー・レオン)。やり直すため、イグアス滝へ向かって旅立つが、道に迷って言い争い、それが別れ目に。しばらく後。ブエノスアイレス。タンゴ・バーでドアマンをしていたファイの部屋に、傷ついたウィンが倒れ込んでくる。ウィンはしばらくファイの部屋に居候。だが、二人にかつてのような情事はない。傍若無人なウィンの振る舞い。怪我から回復したウィンは、コックをはじめたファイの留守中は外出が目立つように。

「ブエノスアイレス」の解説

90年代を代表する映画作家、『欲望の翼』『天使の涙』のウォン・カーウァイが、南米はブエノスアイレスを舞台に、さすらうゲイの男2人の人生模様を鮮烈に綴った一編。デビュー以来一貫して香港を舞台にしてきたウォン監督が、初めて国外、しかもかねて彼が興味を寄せる、南米はブエノスアイレスを主要な舞台としてロケし、さらに初めて同性愛を題材に扱ったことも、話題となった。

主演は香港はじめ中華圏を代表する2人の大スター、レスリー・チャンとトニー・レオン。撮影のクリストファー・ドイル、美術・編集のウィリアム・チョンは前作『天使の涙』に引き続いて参加した言わずと知れたカーウァイ組の常連。『カップルズ』などエドワード・ヤン作品で売る台湾の若手、チャン・チェンがトニー・レオンにからむ若い男として共演。第50回(97年)カンヌ映画祭最優秀監督賞受賞。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 製作・監督・脚本ウォン・カーウァイ
撮影クリストファー・ドイル
出演レスリー・チャン トニー・レオン チャン・チェン
制作国 香港(1997)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ブエノスアイレス」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-11-11 00:01:02

広告を非表示にするには