あぶく銭 作品情報

あぶくぜに

勝新太郎、天知茂による遊侠もの

大寺松五郎こと通称ヒゲ松は賭場荒しが飯のタネという型破りの男である。爺さま、ガキと呼ぶ銭に目のない男2人を仲間に、ブラリやってきた港町は、橋本組と磯部組という博徒の新旧二大勢力がしのぎを削る賭場荒しの3人にとって格好のかせぎ場だった。その夜、橋本組の二代目襲名賭博という絶好のチャンスに喜ぶヒゲ松たちは、早速作戦を練って、テラ銭護送の帰途を張り込み、首尾よく金の袋を手に入れた。穏し場所は宿をとった鶴亀楼という女郎屋の便所わき。だが、その金が橋本組の磯部組への借金返済用のものだとは知らなかった。

「あぶく銭」の解説

『おんな極悪帖』の星川清司のオリジナル脚本を、『忍びの衆』の森一生が監督した遊侠篇。撮影は同作の森田富士郎が担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督森一生
出演勝新太郎 天知茂 野川由美子 藤岡琢也 高城丈二 水野久美 酒井修 成田三樹夫
制作国 日本(1970)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「あぶく銭」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:45:55

広告を非表示にするには