ゼブラーマン 作品情報

ぜぶらーまん

哀川翔、記念すべき主演100作目! 白と黒の被り物ヒーローが、街を熱く駆け抜ける!

市川新市(哀川翔)は、児童から醒めた目で見られ、家庭は崩壊気味の小学校教師。唯一の楽しみは、昔、7話だけテレビ放映されたヒーロー「ゼブラーマン」のコスチュームを着ること。その格好でこっそり街へ出たある日、新市は偶然出会った怪しい男と乱闘に。その頃、防衛庁が密かに調査に乗り出していた。実は、人間に寄生した宇宙人が地球侵略を目論んでおり、新市が倒したのはその宇宙人だったのだ。やがて新市は、本物のヒーローとして悪と立ち向かうことになる…!

「ゼブラーマン」の解説

今やVシネの域を越え、日本映画界に無くてはならない存在となった哀川翔が、記念すべき主演100本目の作品として挑んだのは、被り物ヒーロー映画! シマウマ男って、なんとも気の弱そうな…とはいえ、シマウマだけに「白黒つけるぜ!」といなないて、倒れても倒れても、なお挫けることのない、熱い戦いを見せてくれる。そのシマウマ、いやゼブラーマンの相手が、スライムのように形を変える超キテレツな宇宙人なのだから、時にシュールに、時にピュアに、大人を笑わせ子供をひきつけて、充実感は満点。

監督に三池崇史、脚本に宮藤官九郎という、組むべくして組んだ2人の売れっ子が、哀川翔の魅力を存分に引き出したエンターテイメントなのだ。脇を固める俳優たちも、ちょっとだけ顔を出すあの人たちも、豪華なメンツがずらりと揃い、ちょっと普通じゃないヒーロー映画が誕生した!

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年2月14日
キャスト 監督三池崇史
脚本宮藤官九郎
出演哀川翔 鈴木京香 渡部篤郎 大杉漣 内村光良 近藤公園 市川由衣 柄本明
配給 東映
制作国 日本(2003)
上映時間 115分

(C)映画「ゼブラーマン」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「ゼブラーマン」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:44:05

広告を非表示にするには