人斬り与太・狂犬三兄弟 作品情報

ひときりよたきょうけんさんきょうだい

菅原文太主演“人斬り与太”シリーズ2作目

村井組々員権藤と大野は、新興やくざ北闘会の会長貝塚を刺し殺した。その時、貝塚のボディガード志賀の頬を切り裂いた。2人は一目散に逃げたが、やがて権藤は1人で自首する。6年後。出所した権藤は古巣の街に帰ってくるが、街では北闘会が羽振りをきかせており、会長には以前代貸の佐竹が納っていた。権藤は村井組に帰り、組長村井と代貸五十嵐に挨拶し、大野と再会する。そして、北闘会との手打ち迄のいきさつを聞くが、村井の弱腰には納得できなかった。

「人斬り与太・狂犬三兄弟」の解説

“人斬り与太”シリーズ2作目。組織に反逆、暴力には暴力と、疾風の如く暴れまわる狂犬三匹の凄まじい暴力を描く。脚本は『女囚701号 さそり』の神波史男と松田寛男、監督は『現代やくざ 人斬り与太』の深作欣二、撮影は『女囚701号 さそり』の仲沢半次郎がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督深作欣二
出演菅原文太 田中邦衛 三谷昇 今井健二 内田朝雄 室田日出男 須賀不二男 渡辺文雄 藤山浩二 植田灯孝
制作国 日本(1972)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「人斬り与太・狂犬三兄弟」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-12-04 14:52:36

広告を非表示にするには