拳銃無宿 脱獄のブルース 作品情報

けんじゅうむしゅくだつごくのぶるーす

渡哲也、藤竜也主演のアクションもの

得意の早射ちで拳銃の鬼としてヤクザたちに恐れられた拳銃使い佐賀達次も、今は改心してヤクザな生活から足を洗い、地道な建設の仕事にいそしんでいた。一方達次とともに、小さいとき闇屋あがりのヤクザ武原に拾われた郷田剛は、武原の経営するナイトクラブを牛耳り、夜の世界を支配していた。そうしたある日、武原が受持つ高速道路の工事現場に、武原のライバル赤沢の清風会がなぐりこみをかけてきた。これを仲裁した達次は、武原の親会社である社長間島を説得して、高速道路建設の一部を赤沢に与えた。その結果、大阪の大親分曽根崎の手で、赤沢と武原の和解の手打ち式が行われた。が…。

「拳銃無宿 脱獄のブルース」の解説

阿部啓三郎の原作を、『剣鬼』の星川清司と『噂の風来坊』の石森史郎が共同で脚色、『ぼくどうして涙がでるの』の森永健次郎が監督したアクションもの。撮影は、『若草物語』の松橋梅夫。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督森永健次郎
原作阿部啓三郎
出演渡哲也 藤竜也 松原智恵子 菅井一郎 西尾三枝子 伊藤寿章 嵯峨善兵 小池朝雄 前野霜一郎 玉村駿太郎
制作国 日本(1965)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「拳銃無宿 脱獄のブルース」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:43:03

広告を非表示にするには