最後の博徒 作品情報

さいごのばくと

松方弘樹、千葉真一主演の同名ドキュメンタリー小説の映画化

昭和52年4月13日、北陸最大の組織で北陸の帝王と呼ばれた川名組・川名勇組長が越前三国で殺害された。福井県警はその日のうちに刺客4人を逮捕。さらに殺人教唆の黒幕として、荒谷政之を逮捕した。荒谷には懲役20年の判決が下りた。荒谷は少年時代から呉の素人賭場に出入り、石岡博の子分となる。そこで博徒の行儀作法を学んだ。1年後には若中に成長した彼に目をかけてくれたのは兄費分の大松義寛である。昭和21年8月、大松は愚連隊を叩き潰した。その中には後の大原組組長大原勝がおり、彼は後に呉一帯をしきる山辰信男と親交があった。

「最後の博徒」の解説

広島・呉を舞台に、広島中のヤクザを相手にして非情な世界へ飛び込んでいく男の姿を描く。正延哲士の同名のドキュメンタリー小説の映画化で、脚本は『修羅の群れ』の村尾昭、監督も同作の山下耕作、撮影は『結婚案内ミステリー』の鈴木達夫がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督山下耕作
出演松方弘樹 千葉真一 岡田奈々 江夏豊 泉谷しげる 清水健太郎 木之元亮 誠直也 ガッツ石松 三島ゆり子
制作国 日本(1985)

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「最後の博徒」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-04-07 15:34:20

広告を非表示にするには