ヒマラヤ杉に降る雪 作品情報

ひまらやすぎにふるゆき

言葉にできない、伝えきれない事実は、降りつもる雪でさえ包み隠せない…。

ワシントン州北西部の小さな移民の島。小さな港町を抱く丘には、大きなヒマラヤ杉、美しい苺畑が広がっていた。幼い頃、イシュマエルとハツエは、白人と日系人との間柄、密やかな愛をヒマラヤ杉の洞で育んでいた。しかしその愛は第二次大戦の勃発と共に打ち砕かれ、強制収容所へ送られたハツエは、やがて同じ日本人の血を持つカズオと結婚する。その2人が、戦後9年を経た冬、雪がしんしんと降り始める頃、一級殺人をめぐるカズオの裁判で再会した。被告席の夫を見守るハツエ。その背中には、傍聴席から見下ろす新聞記者イシュマエルの視線が。過ぎ去った思い出は美しく、裏切りの記憶は重くのしかかり、愛と憎しみが複雑に交錯していく…。

「ヒマラヤ杉に降る雪」の解説

原作は、第二次大戦中アメリカに実在した日系人収容所と日系人差別の問題を描き、アメリカで400万部以上を売ったデビッド・グターソンの小説。今回はグターソンが、ヒックス監督、『レインマン』 でアカデミー賞脚本賞を受
賞したロン・バスとで脚本化。美術は、『L.A.コンフィデンシャル』 でアカデミー賞美術賞候補に上ったジニーン・オプウォール。美術,映像が素晴らしく、秋から冬にかけての風景を重厚に映し出している。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督スコット・ヒックス
出演イーサン・ホーク 工藤夕貴 ジェームズ・クロムウェル
配給 UIP映画
制作国 アメリカ(1999)
上映時間 128分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ヒマラヤ杉に降る雪」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:39:05

広告を非表示にするには