シックス・デイ 作品情報

しっくすでい

シュワルツェネッガー主演による驚異のSFアクション、神の領域を超えた科学の進歩に警鐘を鳴らす!!

シックス・デイのイメージ画像1

遺伝子操作が驚異的に発達した2007年。ペットの複製もごく普通に行われるようにまでになったが、それ以上の科学の暴走を食い止めるため、人間が人間を造りだすことを禁じる『6d法』が制定される。だが、2010年、禁断の扉がついに開かれる。仕事を終えて帰宅したアダムが見たものは、最愛の家族と過ごすもう一人の自分。なぜ自分のクローンが作られたのか!? 謎を探り始めたアダムは、やがて巨大な陰謀に巻き込まれていく……!

「シックス・デイ」の解説

欠陥人間は廃除され、寿命が終わってもクローン人間として生きていく。そんな、神の領域にまで踏み込んだ科学の脅威を、1億2000万ドルという巨費を投じて映画化。ハイテクで管理された複雑な研究所、巨大な水槽に無数のクローンが眠る異様な光景など、近未来の壮大な世界観で圧倒しつつも現実にも起こり得るという説得力を持ってリアルに描き出す。

『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』のロジャー・スポティスウッドによるスピーディなストーリー展開と切れ味鋭いアクションも冴え渡る、深みのあるエンターテインメント大作に仕上がった。アーノルド・シュワルツェネッガーが久々に本格的SFに登場。ヘリにぶら下がっての格闘や壮絶カーチェイスなどで、アクション・スターとして健在であることを見せつける。倫理観を問う重厚なテーマだけに、複雑な心情を表現する渋い表情がまた秀逸。演技の幅
を広げ、アクションでも魅せるシュワルツェネッガーは見事復活を遂げた!

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督ロジャー・スポティスウッド
出演アーノルド・シュワルツェネッガー トニー・ゴールドウィン ロバート・デュヴァル
配給 東宝東和
制作国 アメリカ(2000)
上映時間 124分
TV放映 2019年10月25日 テレビ東京 午後のロードショー

(C)2000 CoLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC.ALL RIGHTS RESERVED. [Amazonで購入]

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「シックス・デイ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-09-26 13:29:56

広告を非表示にするには