太平洋ひとりぼっち 作品情報

たいへいようひとりぼっち

太平洋をたった一人で横断した、青年の書いた手記を基に映画化

大阪を出発した小型ヨット“マーメイド号”は、無風状態の大阪湾内を1日半も迷走し、挙句の果てにシケで大荒れの海原で、悪戦苦闘する。どうにか、太平洋に辿り着いたが、今度は台風に見舞われる。備蓄していた水、食料も底を尽き、体力までも消耗してきた。しかし、ゴールのサンフランシスコは目前に迫ってきた。

「太平洋ひとりぼっち」の解説

1962年の夏、22歳の一人の青年が小型ヨットを駆って太平洋横断に成功した。その青年、堀江謙一の日記風に書かれた同名の手記を基に、市川崑が監督したスリルとユーモア溢れる青春冒険映画。石原裕次郎が主人公を好演。遠くに金門橋を見つけたときの歓喜の様子が、感動を呼び起こす。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督市川崑
出演石原裕次郎 森雅之 田中絹代 浅丘ルリ子
配給 日活
制作国 日本(1963)
上映時間 97分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「太平洋ひとりぼっち」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:38:07

広告を非表示にするには