最後の全国規模でのロードショー!『戦場のメリークリスマス 4K修復版』&『愛のコリーダ 修復版』予告到着

最後の全国規模でのロードショー!『戦場のメリークリスマス 4K修復版』&『愛のコリーダ 修復版』予告到着

松竹ヌーヴェルヴァーグを生み、差別や犯罪など、社会の歪みと闘い続けた熱き映画監督、大島渚。彼の最大のヒット作である『戦場のメリークリスマス』(83)と、最大の問題作と言える『愛のコリーダ』(76)をこの度日本で修復。美しくよみがえった『戦場のメリークリスマス 4K 修復版』が 4 月 16 日(金)、『愛のコリーダ 修復版』が 4 月 30 日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次
“連続”公開となります。今回の上映に合わせ、『戦場のメリークリスマス』と『愛のコリーダ』の 2 作を合わせた特別予告(前後で 2 作を分けた『戦場のメリークリスマス』、『愛のコリーダ』それぞれの予告も有り)がこの度完成!

戦場のメリークリスマス』は、ジャワ島にある日本軍俘虜収容所を舞台に、デヴィッド・ボウイ、坂本龍一、ビートたけしら当時では到底考えられない、本業が俳優ではない顔ぶれをメインキャストに迎え大ヒットした、戦闘シーンが一切登場しない異色の戦争映画。予告編は、“大島渚監督 最大のヒット作”という文字と共に、一聴するだけで即座に目の前を映画の世界へ誘ってしまう、名曲中の名曲「Merry Christmas Mr.Lawrence」が流れる場面から始まる。その後、マーティン・スコセッシ、ベルナルド・ベルトルッチ、クリストファー・ノーランによる熱きコメントと共に、ボウイ演じる俘虜ジャック・セリアズ少佐と坂本扮するヨノイ大尉の運命的な出会いの場面が切り取られている。映画は、魔性とも言えるセリアズの美しさにヨノイがいつしか惹かれていく様と、また一方で、粗暴なハラ軍曹(ビートたけし)と温厚な英国人俘虜ロレンス(トム・コンティ)の奇妙な友情という、東洋と西洋の文化の対立、融合を描いている。

愛のコリーダ』は、1936 年に世間を震撼させた実在の猟奇事件「阿部定事件」を題材に、松田英子と藤竜也が愛し合う男女を演じた究極の恋愛映画。セックスの描き方にリアルさを追求し、映画での「本番行為」が芸術かエロスかで大きな議論を巻き起こしたことでも話題に。また、後に同名書籍を巡って裁判に発展するなど、大きな注目を浴びた問題作だ。予告編は、松田演じる定(サダ)と藤演じる吉(キチ)の出会いから、どんどん狂おしいほど求め合うようになる二人の姿が映し出される。愛情が強くなればなるほど独占したくなる定と、そんな定を深い愛で優しく受け止める吉。『ミッドサマー』(19)のアリ・アスター監督は「本作に大きな影響を受けた」とコメントを残している。
※見せられるギリギリのラインで切り取られた予告となっていますが、本編は R18+指定です。

今回の上映は、大島渚監督作品が 2023 年に国立機関に収蔵される予定のため、最後の大規模ロードショーとして企画されました。後世に多大な影響を残し、鮮烈な印象を多くの人に与えた日本が誇る鬼才、大島渚作品が鮮明になってスクリーンで観られる貴重な機会となります。常に日本映画界をリードしてきた“世界のオーシマ”映画 『戦場のメリークリスマス 4K 修復版』は 4 月 16 日(金)、『愛のコリーダ 修復版』は 4 月 30 日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、シネ・リーブル池袋、立川シネマシティほか全国順次公開。

――――――――――――――――――――――――――
戦場のメリークリスマス 4K 修復版』 4 月 16 日(金)より
愛のコリーダ 修復版』 4 月 30 日(金)より
ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
©大島渚プロダクション

最終更新日
2021-03-03 08:00:00
提供
映画の時間編集部

広告を非表示にするには