ザ・ファブル 作品情報

ざふぁぶる

“ファブル(寓話)”と呼ばれる謎の殺し屋(岡田准一)は、どんな相手も6秒以内に殺すと言われ、裏社会では誰もが恐れる存在だった。仕事をし過ぎた彼に、ボスはミッションを与える。それは、1年間誰も殺さず、一般人に溶け込み普通に暮らすというもの。もし、休業中に誰かを殺したら、ボスがファブルを殺すという。ファブルは佐藤アキラと名乗り、相棒のヨウコ(木村文乃)と共に、生まれて初めて一般人として暮らし始める。バイトをしたり、インコを飼ったり、殺しを封じて普通の生活を満喫し始めた矢先、ファブルの命を狙う組織や、ファブルに助けを求める人たちが現れ、裏社会のトラブルに巻き込まれていく。ついにはファブルが一般社会で出会い、世話になった女性ミサキ(山本美月)が人質にとられてしまう。ファブルはヨウコの協力のもと、誰も殺さず人質を救出するという無謀なミッションに挑む。

「ザ・ファブル」の解説

2017年度講談社漫画賞一般部門受賞の同名漫画を「散り椿」の岡田准一主演で実写映画化。どんな相手も6秒以内に殺すという“ファブル”と呼ばれる謎の殺し屋が「1年間誰も殺さず、普通に暮らす」というミッションを与えられ、一般人として生活を始める。出演は、「居眠り磐音」の木村文乃、「去年の冬、きみと別れ」の山本美月、「旅猫リポート」の福士蒼汰、「夜明け」の柳楽優弥、「いつまた、君と 何日君再来」の向井理、「50回目のファーストキス」の佐藤二朗、「愛しのアイリーン」の安田顕、「64 ロクヨン」の佐藤浩市。監督は、「映画めんたいぴりり」の江口カン。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年6月21日
キャスト 監督江口カン
原作南勝久
出演岡田准一 木村文乃 山本美月 福士蒼汰 柳楽優弥 向井理 木村了 井之脇海 藤森慎吾 宮川大輔 佐藤二朗 光石研 加藤虎ノ介 安田顕 佐藤浩市 南出凌嘉 六角精児 粟島瑞丸 モロ師岡 好井まさお 倉本美津留 藤原光博
配給 松竹
制作国 日本(2019)
上映時間 123分

(C)2019「ザ・ファブル」製作委員会

動画配信で映画を観よう! [PR]

原作コミックを読む

ザ・ファブル

ザ・ファブル

ヤングマガジンコミックス

  • U-NEXT
  • Amazon
※2019年7月24日時点の情報です。

ユーザーレビュー

総合評価:3.58点★★★☆、24件の投稿があります。

P.N.「ぷーさん」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2022-06-06

砂川さんが向井理ということでかなりイケメン化されてて、めちゃくちゃかっこいいなって思いましたが、

原作は禿キャラなので別物として楽しみました。

最終更新日:2024-04-30 18:13:23

広告を非表示にするには