去年の冬、きみと別れ 作品情報

きょねんのふゆきみとわかれ

婚約者・松田百合子(山本美月)との結婚を間近に控えた新進気鋭のルポライター耶雲恭介(岩田剛典)。本の出版を目指す彼が目を付けたのは、盲目の美女が巻き込まれた未解決焼死事件と、その事件の元容疑者である世界的フォトグラファー・木原坂雄大(斎藤工)だった。だがその真相に近づくにつれ、木原坂の危険な罠は百合子にまで及び、いつしか耶雲は抜けることのできない深みにはまっていくのだった……。

「去年の冬、きみと別れ」の解説

芥川賞作家・中村文則のベストセラー小説を「グラスホッパー」の瀧本智行監督が映画化したサスペンス。盲目の美女が巻き込まれた謎の焼死事件。新進気鋭のルポライター耶雲恭介は、その真相を追ううちに、いつしか抜けることの出来ない深みにのみ込まれていく。EXILE、三代目J Soul Brothersのメンバーで、「植物図鑑運命の恋、ひろいました」「HiGH&LOW」シリーズなど俳優としても精力的に活動する岩田剛典が主人公・耶雲恭介を演じる。共演は「ピーチガール」の山本美月、「昼顔」の斎藤工、「サイドライン」の浅見れいな、「劇場霊」の土村芳、「8年越しの花嫁 奇跡の実話」の北村一輝。脚本を「無限の住人」の大石哲也、音楽を「マエストロ!」の上野耕路が務める。

芥川賞作家・中村文則のベストセラーを「グラスホッパー」の瀧本智行が映画化したサスペンス。盲目の美女が巻き込まれた謎の焼死事件。新進気鋭のルポライター耶雲恭介は、かつて事故として処理された猟奇殺人事件の容疑者でカメラマンの木原坂に目をつける。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年3月10日
キャスト 監督瀧本智行
原作中村文則
出演岩田剛典 山本美月 斎藤工 浅見れいな 土村芳 北村一輝
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 日本(2018)
上映時間 118分

(C)2018 映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:4.76点★★★★☆、21件の投稿があります。

P.N.「ヤマグチゴロン」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-09-02

まず映像のこだわりに惹き付けられる。何処か韓流サスペンスやブラピ「セブン」(古い!)に通じるクリエイティブで繊細な画面作りは、陰湿でおぞましい結末を予想させるには充分過ぎる。原作は叙述ミステリの傑作らしいから製作側の激プレッシャーたるや想像に硬くないが、実力派キャストたちの自然な演技は勿論、シナリオやサントラまで含め映画作品に程よく変換された仕上りだった気がする。まだ新人と言える岩田も大根ながら逆に一途感が際立ち(監督の手腕?)結果的に⭕️だった!観客を騙してくれる映画って意外に少ないから!久々のカタルシスレベルA!

最終更新日:2024-05-28 10:51:39

広告を非表示にするには