ハンガー・ゲーム 作品情報

はんがーげーむ

巨大独裁国家パネム。最先端都市キャピトルと12の隷属地区で構成されるこの国では、国民を完全服従させるための見せしめ的イベントとして、毎年1回、ハンガー・ゲームが開催されていた。その内容は、パネムの全12地区それぞれの12~18歳の若者の中から、男女1人ずつの合計24人をプレイヤーとして選出し、最後の1人になるまで戦わせるサバイバル・コンテスト。一部始終が全国に生中継され、パネムの全国民に課せられた義務で、キャピトルの裕福なエリート層にとっては極上の娯楽コンテンツだった。第74回ハンガー・ゲームが開催されることとなり、プレイヤー抽選会が開催された第12地区。カットニス・エバディーン(ジェニファー・ローレンス)は、不運にもプレイヤーに選ばれた12歳の妹プリムローズ(ウィロー・シールズ)に代わってゲーム参加を自ら志願する。男子のプレイヤーに選ばれたのは、同級生ピータ・メラーク(ジョシュ・ハッチャーソン)だった。キャピトルに到着すると、専属スタイリストのシナ(レニー・クラヴィッツ)と対面。ゲームを有利に進めるには、見栄えを良くして積極的にアピールし、スポンサーを獲得する必要があるのだ。続いてカットニスたちは、教育係ヘイミッチ(ウディ・ハレルソン)の指導の下、厳しいトレーニングに打ち込む。そこでサバイバル術や武器の使い方を学びつつ、お互いの力量を探り合う24人。優勝候補は第2地区代表で冷酷非情なケイトー(アレクサンダー・ルドウィグ)。彼は、幼いころからハンガー・ゲームに勝つための特殊訓練を受けてきたプロフェッショナルだった。いよいよ訪れる開戦の日。24人は、カウントダウン終了と同時に、鬱蒼とした森に囲まれた草原のスタート地点から全力で駆け出す。家族のため、自分の未来を切り開くため、狩りで鍛えた弓矢の腕前を生かして戦うカットニスは、やがて想像を絶するクライマックスに身を投じてゆく……。

「ハンガー・ゲーム」の解説

スーザン・コリンズの小説を映画化し、全米で興行収入4億ドルを越える大ヒットを飛ばした話題作。ある独裁国家を舞台に、生き残りを賭けて戦う“ハンガー・ゲーム”に出場することになった10代の少年少女たちの姿を描く。主演は「ウィンターズ・ボーン」でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたジェニファー・ローレンス。

全米でベストセラーを記録した人気小説を映画化。首都には富裕層、残りの人々は12の区域に住まざるをえなくなった北米のパネム。第12地区で暮らすカットニスは妹の身代わりとして、生存者1名になるまで戦う“ハンガー・ゲーム”に参加することに。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年9月28日
キャスト 監督ゲイリー・ロス
原作スーザン・コリンズ
出演ジェニファー・ローレンス ジョシュ・ハッチャーソン リアム・ヘムズワース ウディ・ハレルソン エリザベス・バンクス レニー・クラヴィッツ スタンリー・トゥッチ ドナルド・サザーランド
配給 角川映画(提供 角川書店=テレビ東京=メディアファクトリー)
制作国 アメリカ(2012)
年齢制限 PG-12
上映時間 143分

(C) 2012 LIONS GATE FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:3.5点★★★☆、2件の投稿があります。

P.N.「真浦塚真也」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2012-10-13

『〇〇ヵ国で堂々のNO.1!!」みたいなうたい文句を見ると、『またまたぁー。』と言ったふうな疑いの目で観てしまうけど、この作品は良い意味で想像以上だった。 造り方が旨く、一見無茶苦茶に思える設定もゲームが始まるまでの描写で納得できるし、ストーリーの進み方も無理がなくちょうど良かった。 ただ、ラストが続編ありきのような編集に感じられてしまって残念だった。まぁ、続編はあるらしいのだが。そういうことで☆―1。

最終更新日:2024-07-03 20:41:11

広告を非表示にするには