劇場版銀魂 新訳紅桜篇 作品情報

げきじょうばんぎんたましんやくべにざくらへん

江戸の町に異星人・天人(あまんと)が来襲する。幕府はなす術もなく、江戸は天人の支配下に置かれる。町には天人の文明が入り込み、高層ビル、バイク、電車、携帯電話など、21世紀の日本に近い世界になっていた。坂田銀時(声:杉田智和)は、かつては白夜叉と呼ばれ、恐れられていた侍だったが、今は江戸で万事屋を営み、脱力した生活を送っている。しかし侍魂を持ち続け、本気を出せば力を発揮する彼は、万事屋で働く志村新八(阪口大助)、宇宙人美少女の神楽(釘宮理恵)とともに、店に持ち込まれるやっかいごとに首を突っ込んでいた。ある日、江戸の町に1人の辻斬りが現われる。その辻斬りによって、天人の支配後も地下で攘夷運動を続けていた桂小太郎(石田彰)が姿を消す。辻斬りが持っていた刀は、人工頭脳を持ち、戦闘データを蓄積していく妖刀“紅桜”だった。その黒幕は、かつては桂や銀時らとともに天人と戦っていた高杉晋助(子安武人)だった。高杉は最強の戦闘集団“鬼兵隊”を復活させ、幕府や天人の支配の破壊を企んでいた。桂の相棒エリザベスの依頼を受けた銀時たちは、桂の捜索に乗り出す。

「劇場版銀魂 新訳紅桜篇」の解説

空知英秋原作の人気コミックのシリーズ中、名作と名高いエピソードを新解釈で映画化したSF時代劇アニメ。パラレルワールドの江戸を舞台に、妖刀を巡る騒動を描く。監督はTV版監督の高松信司。声の出演は、TV『涼宮ハルヒの憂鬱』の杉田智和、TV『機動戦士Vガンダム』の阪口大助、TV『灼眼のシャナ』の釘宮理恵。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年4月24日
キャスト 監督高松信司
原作空知英秋
出演(声)杉田智和 阪口大助 釘宮理恵 石田彰 子安武人 千葉進歩 中井和哉 鈴村健一 日野聡 山寺宏一 高橋美佳子 太田哲治 大塚芳忠 山崎たくみ 早水リサ 茶風林 青山穣 雪野五月 くじら 杉本ゆう 小林ゆう 折笠富美子 大西健晴 根本圭子
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 日本(2010)
上映時間 96分

動画配信で映画を観よう! [PR]

原作コミックを読む

劇場版銀魂 新訳紅桜篇

銀魂-ぎんたま-

  • U-NEXT
  • Amazon
※2019年8月1日時点の情報です。

ユーザーレビュー

総合評価:4.81点★★★★☆、26件の投稿があります。

P.N.「ちぃ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2011-06-09

ちょーサイコーテレビ版の紅桜では、なかった高杉一派と春雨の取引シーンとか、戦闘シーンがテレビ版より長かったりして、新紅桜というよりは、新しい話みたいだったでも、ちゃんと紅桜のいいところも残ってておもしろかったあと、いつもの万事屋のくだらない(´ε`)おしゃべりとかもあっていつもどうりリラックスして見れた

最終更新日:2024-05-28 10:51:46

広告を非表示にするには