「ルパン三世」1st.TVシリーズ 11話 7番目の橋が落ちるとき 作品情報

るぱんさんせいふぁーすとてれびしりーずじゅういちわななばんめのはしがおちるとき

ルパン三世を名のる謎の犯人により、現金輸送車襲撃の布石と思われる連続架橋爆破事件が起こった。真犯人を突きとめ、館に忍び込んだルパン(声:山田康雄)だったが、逆にまんまと罠にはまり囚われの身となってしまう。人質にとられた少女リーサ(吉田理保子)の命を救うため、ルパンは現金輸送車の襲撃を引き受ける……。

「「ルパン三世」1st.TVシリーズ 11話 7番目の橋が落ちるとき」の解説

1971年から72年にかけて放映されたアニメ『ルパン三世』1st TVシリーズ全23話の中から、「火垂るの墓」の高畑勲と「崖の上のポニョ」の宮崎駿が演出した3話をセレクト。声の出演は「ルパン三世 カリオストロの城」の山田康雄、「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ夕陽のカスカベボーイズ」の小林清志、「母をたずねて三千里」の二階堂有希子など。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年3月14日
キャスト 原作モンキー・パンチ
出演(声)山田康雄 小林清志 納谷悟朗 辻村真人 吉田理保子 池水通洋 村越伊知郎
配給 三鷹の森ジブリ美術館
制作国 日本(1972)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「「ルパン三世」1st.TVシリーズ 11話 7番目の橋が落ちるとき」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2024-05-28 10:51:29

広告を非表示にするには