映画感想・レビュー 3/2101ページ

アナと雪の女王2:P.N.「あいすくりーむ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2021-09-19

1ですごく感動したので今回見に行きました。
まぁ面白かったんですけど、1のような感動はありませんでした。
なんというか…エルサとアナはずっと一緒にいてほしかったっていう思いがあったのでラストでああやってエルサが違うところで生活してしまうのは少し残念でした。
あと、やっぱり1回見ただけじゃよくわからない部分もありますね。1では4~6歳ぐらいの女の子が夢見るような物語でしたが今回はかなり大人向けな内容でした。

トイ・ストーリー4:P.N.「さぶろうなのか?」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2021-09-19

感動もしたし、面白い。んだけど!!
なんか…納得できないというか…1~3見てる側からするとモヤモヤが残る作品です。
トイストーリー大好き!って人はある意味、この映画は見ない方がいいかもしれません。

竜とそばかすの姫:P.N.「さきいか。」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2021-09-19

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

一言で言えば「知らないアニメの総集編」のようだった。
圧倒的な説明不足のため主人公を取り巻く環境が掴みづらく、共感もしにくい。また、キャラクターの言葉にも説得力がない。
おまけにぶん投げエンディングで締めくくりと、映像と歌以外の部分で褒めたい点がなかった。
美女と野獣を意識しすぎなのか、Uでの出来事は半分ほどが見たことある展開であり、舞台を仮想現実にしたことでアレンジをしたつもりかもしれないが、スパイスにもなっていない。

破門 ふたりのヤクビョーガミ:P.N.「ぴぐ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2021-09-19

原作はきっちり登場人物のイメージが思い浮かぶ作品なので、
ドラマでの配役、北村は、絶対違うと思った。映画の佐々木蔵之介ははよかった。ゆきの北川、まゆみの中村ゆりもイメージに近くよくはまっていた。よくそろえてくれた。うれしい

先生、私の隣に座っていただけませんか?:P.N.「たら」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-09-19

エンドロールのプラスティック・ラブでとどめに心をぎゅっと掴まれました。
黒木さんと柄本さんの演技に裏打ちされた、マンガとシンクロした
ストーリー、最後まで見逃さないで!ぜひ、心が悲しい女性にひとりでみてほしい。栄養ドリンクのようにスカッとさせてくれます。

会議は踊る:P.N.「一匹のぞうさん」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-09-18

高校生の時に観ましたが、今もこの作品を越える音楽映画はありません。歌曲はほとんど「ただ一度の」と「新酒祭の唄」で構成されていますが、ハリウッドの歌だらけのミュージカルの退屈さが微塵もなく物語は流れるように進んでゆく。話が面白い上に楽しさの異様な明るさは来るべき戦争の影を予知したのではないでしょうか。映画はしばしば作り手の意図とは別に作品自体に生命力があり時代の体現者となることがあります。ラスト近くの舞踏会のクライマックスにナポレオンが脱出した事を伝える泥だらけの伝令兵が現れて、ワルツを踊っていた群衆があわてて去っていく印象的なシーンが、象徴的です。日本の宮崎駿や黒沢明もこの映画の大ファンで音楽や伝令シーンを引用しています。このオペレッタが舞台ではなく映画のオリジナルの脚本とは驚きです。若い世代も必見です。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編:P.N.「ニックネーム」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2021-09-18

もうちょい煉獄さんが出てくれればよかったのに。特に思い入れのないキャラが死んじゃっても感動はできない。
原作読んでる時から思ってたけど、鬼滅は確かに面白い。でもなんと言うか、主人公だけ都合が良すぎると言うか。
あんまりこういうこと言いたくないけど、悪く言えば主人公はシスコンですね。
でもまぁ、なんだかんだ言って面白いです。これならヒットした理由もわかる。っていう内容かな。
遊郭編に期待します。(まぁ漫画は全て読んでしまっているので内容はわかるんですけどね…)

未来のミライ:P.N.「チビタン」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2021-09-18

オオカミ子どもの からのファンです


どうしちゃったんですか 4~5 才の 設定ですよね
リサーチなさったんですか? 知能レベル 致命的なのは 子どもの声 あり得ない
途中でも気がつかなかったのでしょうか
これはいかんって
救いは 細田さんの絵の世界でしょうか。
次回期待しております

孤狼の血 LEVEL2:P.N.「スベッ太」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2021-09-18

俳優陣は豪華なのに展開がクソつまらないし華がない。鈴木亮平が派手なことをして視聴者を惹き付け続けて誤魔化してる感じで、話のテンポも単調。日岡もただ天狗になっているだけで、「孤狼」よりただ孤立に近い状態。前作を観た上で比較すると劣化しかない。

サイレント・トーキョー:P.N.「ららら」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2021-09-18

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

クライマックスは渋谷の爆破。
リアルでも渋谷の若者はあんな感じだと思う。渋ハロとかに行って騒いでる輩はリアルにどう感じたのだろう。
それ以外は、登場人物の描き方が薄くて「???」ばかりでストーリー入り込めない。
西島さんの首の傷ももっと掘ってほしいし、
あやのちゃん、アリスちゃんと中村倫也くんは何繋がり?そこだけ恋愛関係がチープ。(最後の見舞いも急にライトなラブコメ感)
来栖くんはなんで東京タワーに行ったの?
石田ゆり子夫の自衛官はイブの夜に何をしようとしていたの?
若い頃と現在が大人も役者が変わるので、結局、中村倫也の父は過去映像の中で誰なの?佐藤浩市じゃないの??とか…。描き方が薄いのか、自分の理解力が低いのか気になっているうちに終わってしまった。

ドライブ・マイ・カー:P.N.「sanjuro」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2021-09-18

上映時間の長さを全く感じさせないくらい没入できました。自然で細やかな演技とストーリーがそうさせたのかもしれません。ラストのシーン、どんな生活を送っているのかと色々想像してしまいます。ハッピーであるコトは間違いないでしょうけど!?

西島さんマッチョ過ぎて(苦笑)

君の名は。:P.N.「なんで?」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2021-09-18

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

なんか未来のミライ見てる感じ。特に盛り上がりがない。
まだ天気の子の方が面白かった。
最初見た時は「え、結局あれなんだったの?」って思うところが多くて、2~3回目見てみたら「あぁ、そういうことだったのね」ってなった。
そもそもなんで入れ替わりの時間が3年もズレてるの…
マジレスして申し訳ないけど、あんな田舎に高校なんてあるのかな?
「映画館で8回観ました!」って言ってる人いたけど8回も見るもんじゃないです。せいぜい2、3回観たらそれでいいでしょう。
絵と音楽がいいだけの映画でした。

ピーターラビット:P.N.「HEMU!」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-09-18

自分を、正直に、前向き生きている、生きたいことを、願っているピーターラビット、モフカワ以上に、ラブです。偽ることを否定した、生き方に、何を、責められますか?人間もウサギも同じ目線です。

新聞記者:P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-09-18

📰そして,本篇見たく新聞記者と官僚,政界汚職疑惑等の緊張関係を通じでジャーナリズムの在り方を真に問うた舞台が中津留章仁作・演出の「ファクト・チェック」(青年劇場) ✒️

Mr.ノーバディ:P.N.「栄華王」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-09-17

ジャックボレガ-ド!西部一の早撃ちに憧れた名無しの物語。ワンスアポンアタイムウエストと並ぶ最高の低予算西部劇!モリコ-ネのサントラ立ちすぎ!

最終更新日:2021-09-24 11:00:06

広告を非表示にするには