映画感想・レビュー 3/1706ページ

グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~:P.N.「ぽっこりんこ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-02-22

映画館が「笑い」に包まれました。そのままいくと思いきや、ラストは「涙」。その涙を誘った大泉洋の「グッドバイ…」。
前半は小池栄子の怪演、後半は確実に大泉洋が持っていきました。たしかな演技力がないと、観客は「思わず涙」なんか流さないと思います。
帰り道「大泉洋、うまいなぁ」と、つぶやいてしまいました。

1917 命をかけた伝令:P.N.「2/21観た」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-02-22

ストーリーはタイトル通り。 只々映像に圧倒される。 戦場という空間の歪さを息を殺してみいってしまう。  1カットのカメラだからこそ、第一次世界大戦の塹壕戦という空間、距離感を伝令と共に目にすることで追体験できてしまう。
何よりも、セットへの拘り戦場再現への執念、密度、塹壕情景、通り過ぎるときに一瞬しか映らないが個々の兵士たちの存在感は圧巻。

Red('20):P.N.「りゅう」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-02-22

とにかく夏帆さんの演技が圧巻。
ここまで切ない表情を魅せられる若手女優は少ないと思う。
切なく悲しいラブストーリーなのだが、どこか気持ちが強くなれるような余韻が残った。

特捜部Q カルテ番号64:P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-02-22

ユーロスペース等のノーザンライツ映画祭で初めて観た本〈特捜Q〉シリーズから今回は第4弾に当たる。女性差別や移民問題等の社会事象に深く根差した秀逸な北欧mystery。未解決事件の捜査の困難に挑む其のスタッフ陣のcombinationの佳さも

男はつらいよ お帰り 寅さん:P.N.「渡世人(41)」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-02-22

DVDでしか寅さんを知らない世代。
初めて、スクリーン一杯に躍動する寅さんたちを観て、こみ上げる涙と笑いが止まりませんでした。
さよならではなく、おかえりというのが良いですね。
劇場に足を運ぶ時間を何とか作れた自分を褒めたい。

忙殺される毎日ですが、
あぁ、生まれてきて良かった。という想いに馳せることができた1日でした。
ありがとう。

男はつらいよ お帰り 寅さん:P.N.「平々亭凡蔵」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-02-21

良かったです。
いい歳になった満男のセンチメンタルな3日間のお話し。
自分も同年代だから、痛いほどわかります。
過去作の使い方も素晴らしかった。昔や若い頃を思い出す時ってあんな感じだなぁと。
賛否両論ありますが、やはり製作する意味のある稀有な映画だと思う。古い映画を観ていて「この人々は今どうしてるのかなぁ」とか思う時ありませんか?この映画はその小さな切なる願いを叶えてくれます。
寅さんの甥の満男くんの新たな「男はつらいよ」シリーズを観てみたくなりました。51作からが今から楽しみです!

Red('20):P.N.「mie」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2020-02-21

自由の中の不自由
不自由の中の自由を感じた。
沢山の恋愛の中で本当に好きな人は実は一人だったりするんかな、、とか
だけど、括りで言うなら不倫は不倫
不倫の先に幸福はほぼないと思った。
最後の終わり方が切ないけど、なんかスッキリしなかったかな。
妻夫木くんの歳を重ねた色気と夏帆さんの大人になった色気。
綺麗なんだ作品とは思いました。

ヒポクラテスたち:P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-02-21

本篇は神保町の映画館の老舗岩波ホールでロードショー公開時に観た大森一樹監督の代表作。本篇出演の伊藤蘭が松本清張原作の火曜サスペンス〈捜査圏外の条件〉のヒロインで好演した。かぐや姫の「神田川」の流行歌が捜査の鍵で一段と効果的

麗しのサブリナ:P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-02-21

そして,本ビリー・ワイルダー監督とウイリアム・ホールデンのタッグで実現したモノクロ映画の名篇が〈第十七捕虜収容所〉何だなあ。監督オットー・プレミンジャーが俳優として出演して居る。音楽も効果的

パラレルワールド・ラブストーリー:P.N.「キヨッピスト」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2020-02-21

原作未読なので映画だけの感想を言わせてもらえば、久々に観た超駄作。登場人物が外資系の脳研究所勤務という都合のよいリアリティー皆無の設定(しかも誰も脳研究者に見えない)、誰にも感情移入できない薄っぺらな人物たち、誰でもオチが予想できるエンディング。とにかく酷い。

マレフィセント:P.N.「マレフィちゃん」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2020-02-21

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

DVD借りて観ました。
何が面白いってマレフィセントが常に森の中をウロウロしてて、吹き出しそうになった。
呪いをかけられた赤ちゃんをなんで妖精が育てるのか、よくわかんない。オトンはそれでええんか?
最後、マレフィセントがピンチになるけど、なんで魔法使わないん?
羽待ち?
なんか、よーわからんまま終わった。
お前がチューするんかい!

his:P.N.「まいろ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-02-21

いい年をしたおばさんだし、見に行く時間もなかなかないし
と躊躇していたのですが思い切って見に行って本当に良かった。
切なくて優しくて、迅と渚が愛おしい素敵な物語でした。
近いうちにまた二人に会いに行きたいです。

Fukushima 50:P.N.「フレコンバック」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-02-21

放射能汚染土壌の輸送の大型ドライバーをしていて実際にフクシマ50と呼ばれた作業員さんの話は聞いていた為、映画化にならないかと思って折りました。
現在でも嘘ばかりの現場、双葉中間貯蔵での作業員死亡事故を国が報道規制をして世間には知らされない実態が有ります。
是非、この作品を見て他人事と思わずに居て頂きたいです。
今日も、まだまだ除染作業は続いていますから。

忍びの国:P.N.「無門」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2020-02-21

派手なアクション
笑えるコメディ要素
シリアスな面

アクションはカッコ良かったけどコメディとシリアスの温度差が激しくて少しついていけませんでした。

ただ面白かったです。

最終更新日:2020-02-25 16:00:06

広告を非表示にするには