映画感想・レビュー 4/2101ページ

うみべの女の子:P.N.「映画は2回以上見るべし」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2021-09-17

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

原作漫画は読んでいないが、「猿楽町で会いましょう」の石川瑠華の表情演技を見たくて、ストーリーに意味深い9月15日に鑑賞。
 自分の中学生時代とはあまりにギャップがありすぎて「ガキどもが何やってんだ」と思うが、自分の高校時代にスライドさせると感情移入しやすかった。最初はそんなに好きでもなかったのに、〇〇〇しているうちにどんどん好きになったり、逆にあんなに好きだったのに覚めていったり…。
 24才石川瑠華の中学生役は怖いほど違和感がなく、「ツンデレの悩めるビッチ、でも純粋な子」を演じられる女優は彼女以外は見つからない。聞き取りやすい声も魅力。悲しくも渾身のの叫び「いそべぇぇぇ~」は胸に刺さる。
 友人仲間たちがいい味を出すことと、高校へ進学した皆がそれぞれ新しい未来に向かっていくラストは救われる。
私自身は「そんな時代もあったねと」しみじみあの頃を思う。

竜とそばかすの姫:P.N.「ピンクペコ」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2021-09-17

画像と音楽が良かった
しかし真ん中へんの内容が、ストーリーもシチュエーションも『美女と野獣』のパクリで冷めた⤵️
ベルって名前まで一緒でびっくり!
オマージュ?いいえ!パクリです!
また見ようとは思えない
とても残念です

ピーチガール:P.N.「希空くん」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2021-09-17

主人公の演技が見ててイライラする。
それ以外はよかったのに、、、。
永野芽郁ちゃんと主人公代わって欲しかったくらい永野芽郁ちゃんは演技うまかった‼︎

2回目はモゥ見ないやʅ(◞‿◟)ʃ

大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス:P.N.「雪風」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2021-09-17

子供の頃に観て改めて視聴しました。富士山が噴火してるのに話題にならず災害や火山灰の被害もない、記者が死んでるのに一緒にいた英一少年は全くスルーしてる、ガメラの血は緑やのに目は赤く充血してる、自衛隊幹部や科学者が居てるのに子供の意見を採用、人工血液に毒を混ぜたらギャオスを退治できたかも、などツッコミながら楽しく観ました。大阪弁を喋る作業員役の蛍雪太郎氏は役者の蛍雪次郎さんの師匠なんですね。

ドラゴンボール超 ブロリー:P.N.「ひろ」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2021-09-17

他の方々もいうように、
ドラゴンボールZ世代、ドラゴンボール世代のドラゴンボール好きなアラフォーの人たちからしたら、微妙なのはわかります。私の周りもそうです。
原作とは設定が違うし、めちゃめちゃな部分はありますが、
別なアニメとしてみれば、
普通に面白いと思いました。

劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-:P.N.「甘えん坊将軍」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-09-17

フルダイブ方式のVRオンラインゲームの世界に参加者が突如ログアウト不能となり閉じ込められる
そしてゲーム内で死ねば現実世界で頭に取り付けられているヘッドギアに電流が流れて死んでしまう、生還するにはクリアするのみというゲームの開発者の陰謀とその恐ろしい設定で一躍話題となった作品の2017年当時のシリーズ最新作がこのオーディナル・スケールです
なんと今回、今日から9月30日まで4DXにて関東と九州の一部劇場にて再上映されます
主役を演じるのは鬼滅の刃でもおなじみの松岡禎丞さんですが松岡さんと言えばこの作品シリーズでブレイクした人ですからね
またこの映画に登場するサブヒロインは神田沙也加さんが演じています、アナと雪の女王ではバラードを披露していましたがこの映画ではバリバリのロックを披露しています
アニメファンの"必修科目"とも言われるソードアート・オンライン、観に行ける所にお住まいの方は是非
10月30日には最新作の上映も控えていますよ

時をかける少女(’06):P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-09-17

大林宣彦監督の原田知世主演の劇映画版がレトロな感じだったのに対して本篇アニメーション版はアクティブでより現代的な青春学園ドラマに変貌して居て驚かされる…。丁寧に描かれた男鹿和雄の背景画や真琴の身体表現も特徴で熱く爽やかで一寸泣かせる『時をかける少女』何だね

アフタースクール:P.N.「あ」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2021-09-17

最初から意味わからなくて全然話が入ってこなかった。
悪そうなおじさんがたくさん出てきてみんな誰かを追ってて、相関図ないと誰がどういう関係か初見では意味不明。
評価高いから期待して見ただけに本当にがっかり。

太陽の子:P.N.「bebe」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-09-16

漸く観ることが出来ました。
春馬さん目的でしたが柳楽さんも有村さんも素晴らしかった。
母親役の田中裕子さんは流石です。佇まいだけで存在感がありました。史実に沿った内容でしょうから戦争を全く知らない学生さん達も観るべきと感じています。エンドロール、【三浦春馬】の所で拍手が起きました。
もっともっとこの世界で彼の姿が観たかったと益々感じています。寂しいです。

オールド:P.N.「さっちん」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2021-09-16

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

シャマラン監督の映画は好きです。ラストのネタばらしが若干強引?と思ったけど、面白かったです。
パパとママが年老いて行って、目と耳が悪くなってからの会話にはグッと来ました。ママが耳を傾けて話を聞くしぐさは泣けるし、パパが「ケンカしてたかな?」「もう忘れたよ」の台詞も泣けました。結局は治験なんだけど、人間ドラマも楽しめます。
レンタル始まったら、伏線を回収しつつまた見ようと思いました。

ブレイブ -群青戦記-:P.N.「ガッチャ」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2021-09-16

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

内容がマジでつまらない。観て損した気分になりました。
鎧着た相手に硬式ボール投げても効かない、グローブつけて殴っても兜被ってたら効かない、フェンシングの剣刺さらない。
もうちょっと考えて。キャスト良いんだから。
残念です。

旅猫リポート:P.N.「雪風」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2021-09-16

何度泣いたか。猫好きなので観ましたが良かったです。高畑充希さんのナナの声が合っていて福士蒼汰さんとの相性もバッチリです。笑顔の竹内結子さんを見るのは辛いですね。

柔らかい肌:P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-09-16

NHKBSPREMIUMcinemaでジャン=ポール・ベルモンド追悼特集〈勝手にしゃがれ〉を視聴。原案がフランソワ・トリュフォーなので本篇同様のミステリアスなヒッチコックtouchなシチュエーションが画面に感じられる。ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン紙の売り子ジーン・セバーグの巻末の表情が素敵だ

魔界転生('81):P.N.「紅蓮の炎、幽玄の薪能」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-09-16

日本の伝統と技術、職人技とも言える人間力で、40年前に、ハリウッド映画を凌ぐ作品に仕上がっている。

さすがに、VFXは用いられているが、SFXも今ほどでもない、CGなどの技術は、まだまたまの頃、職人技の神業で、素晴らしいキャスティング、脚本、撮影技の様々な偶然が重なり、当時の技術力からしたら凄い。

40年以上前の技術力を鑑みて評価して、クオリティーに関しては、ハリウッド映画を凌ぐ。

千葉さんが、脂がのり、若いこれからの期待を感じさせる真田さん、TOKIO的異次元な沢田さん、その他の妥協点が見えない配役、その体当たりの演技は、最近の若い俳優にも学ぶモノがあるように思う。

敬遠(忖度)する生き方をするなかれ、自分自身を偽り
他人任せ他人頼りの敬遠する生き方は、あるがまま生きる人間には無縁だが、自ら偽る敬遠する生き方は、苦悩を刻む生き方である。

敬遠する忖度する自らを偽る生き方をする人間がいる限り、魔界転生は、存在する。

あん:P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-09-16

NHKBSのPREMIUMカフェで樹木希林が骨董品を目利きと訪ねる番組「温故希林」を見ていたら,漉し餡一筋の職人肌の本篇の姿が蘇って来た

最終更新日:2021-09-24 11:00:06

広告を非表示にするには