バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ 作品情報

ばいおはざーどうぇるかむとぅらくーんしてぃ

この日、この街で何が起こったのか?

バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティのイメージ画像1
バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティのイメージ画像2

巨大複合企業<アンブレラ社>の拠点がある街、ラクーンシティ。この街の孤児院で育ったクレア・レッドフィールドは、アンブレラ社がある事故を起こしたことで街に異変が起きていると警告する不可解なメッセージを受け取り、ラクーンシティへと戻ってきた。ラクーン市警(R.P.D)の兄クリス・レッドフィールドはクレアの言うことをあり得ない陰謀論とあしらうが、やがて二人は街中を彷徨う住民たちの変わり果てた姿を目の当たりにする。次々と襲い掛かってくる住民たち。そんな中、二人はアンブレラ社が秘密裏に人体実験を行ってきたことを知るが…。

「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」の解説

世界的人気ゲームから生まれ、世界をアンデッド化させた宿敵アンブレラ社との戦いを描くサバイバル・アクション映画「バイオハザード」シリーズ。その原点を描いた新たなる映画。主人公クレア・レッドフィールドを「メイズ・ランナー」シリーズのカヤ・スコデラリオが演じる。そして兄クリス・レッドフィールド役をロビー・アメル、ジル・バレンタイン役を『レディ・プレイヤー1』のハナ・ジョン=カーメン、アルバート・ウェスカー役を『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』のトム・ホッパー、レオン・S・ケネディ役をアヴァン・ジョーギアが演じるなど、原作ゲームシリーズの主要キャラクターが登場する。監督は「海底47m」シリーズのヨハネス・ロバーツ。(作品資料より)

バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2022年1月28日
キャスト 監督・脚本ヨハネス・ロバーツ
出演カヤ・スコデラリオ ハナ・ジョン=カーメン ロビー・アメル トム・ホッパー アヴァン・ジョーギア ドナル・ローグ ニール・マクドノー
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
制作国 アメリカ(2021)
年齢制限 PG-12
上映時間 107分
公式サイト https://www.biomovie.jp/

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2022-01-28 00:11:07

広告を非表示にするには