名もなき歌 作品情報

なもなきうた

女性監督が描く、南米ペルーで実際に起きた事件をもとにした衝撃作

名もなき歌のイメージ画像1
名もなき歌のイメージ画像2

1988年、ペルーは政情不安に揺れていた。貧しい先住民の女性ヘオルヒナは、妊婦に無償医療を提供する財団の存在を知り、首都リマの小さなクリニックで無事に女児を出産する。しかし、その直後に締め出され、生まれたばかりの娘を奪い去られてしまう。夫とともに警察や裁判所に訴えるものの、有権者番号を持たないふたりの言うことは誰も取り合ってくれない。ヘオルヒナはそんな窮状を新聞社で訴えるが……。

「名もなき歌」の解説

ペルー出身の女性映画監督、メリーナ・レオンの長編デビュー作となったこの本作は、我が子を理不尽にも奪われた母親の絶望と、事件を追う新聞記者の葛藤を描いたサスペンスドラマだ。かつて新聞記者だったレオン監督の父親が追った、実際に起きた事件をもとにして作られたという。貧困と格差、人身売買、全体主義とテロリズムといった社会問題を盛り込みつつ、抑制を利かせた演出スタイル、モノクロ、スタンダードの画面から伝わってくる際立ったビジュアル・センスは特筆でき、新たな才能の誕生を予感させる。2019年のカンヌ国際映画祭では「監督週間」に出品され、アカデミー賞では国際長編映画部門のペルー代表に選出された。

名もなき歌のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年7月31日
キャスト 監督メリーナ・レオン
出演パメラ・メンドーサ トミー・パラッガ ルシオ・ロハス
配給 シマフィルム、アーク・フィルムズ、インターフィルム
制作国 ペルー=フランス=アメリカ(2019)
上映時間 97分

(C)Luxbox-Cancion Sin Nombre

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「名もなき歌」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-09-23 00:30:09

広告を非表示にするには