シネマ歌舞伎『鰯賣戀曳網』 作品情報

いわしうりこいのひきあみ

おとぎ話のような、最高にハッピーな恋物語

シネマ歌舞伎『鰯賣戀曳網』のイメージ画像1
シネマ歌舞伎『鰯賣戀曳網』のイメージ画像2

鰯売りの猿源氏は五條橋で見かけた傾城蛍火に一目惚れ。恋の病にかかり自慢の売り声にも力が入らない。そこで猿源氏の父・海老名なあみだぶつは猿源氏を大名に仕立てて蛍火のいる揚屋へ向かうことを提案する。恋焦がれる蛍火を目の前に夢見心地で盃を交わす猿源氏だったが、酔いつぶれて蛍火の膝の上で寝入ってしまう。そして、寝言で「伊勢国に阿漕ヶ浦の猿源氏が鰯買うえい」と自慢の売り声を上げてしまい、それを聴いた蛍火は猿源氏の正体を問い詰めるが…。

「シネマ歌舞伎『鰯賣戀曳網』」の解説

歌舞伎の舞台公演をHD高性能カメラで撮影しスクリーンで上映するシリーズの第37弾。平成21年1月歌舞伎座さよなら公演にて上演された舞台を撮影した本作は、中村勘三郎の愛嬌溢れる鰯賣猿源氏と坂東玉三郎演じる謎めいた気品を漂わせる傾城蛍火が織りなす恋模様を描いた古風でおおらかな味わいのある作品。勘三郎、玉三郎の息の合った掛け合いから、幸福な結末へと誘う花道の引っ込みまで「三島歌舞伎」の名作をスクリーンで堪能できる。(作品資料より)

シネマ歌舞伎『鰯賣戀曳網』のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年6月4日
キャスト 三島由紀夫
出演中村勘三郎 坂東玉三郎 松本幸四郎 片岡亀蔵 坂東彌十郎 中村東蔵
配給 松竹
制作国 日本
公式サイト https://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/lineup/45/

(C)松竹

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「シネマ歌舞伎『鰯賣戀曳網』」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-06-14 23:30:04

広告を非表示にするには