暗黒街の美女 作品情報

あんこくがいのびじょ

鈴木清順が監督した娯楽活劇篇

ボス大矢根の身変りとなって、三年間の刑務所生活を送った宮本は、地下水道にかくしておいたダイヤを手にすると、密輸事件でドジを踏み、ビッコになって今はオデン屋台を引く弟分の三原に、その宝石を渡そうとした。だが三原の妹亜紀子は、大矢根の手下で通訳をやっている有田の情婦で、大矢根は宮本のダイヤを奪おうと狙っていた。ダイヤを外国人密輸商と取引する日、大矢根の策略を見破った三原は、宝石を飲み込み、非常階段から落ちて死んだ。

「暗黒街の美女」の解説

「九人の死刑囚」の共同脚本執筆者の一人、佐治乾の脚本を「裸女と拳銃」の鈴木清順が監督、「燃える肉体」の中尾利太郎が撮影した娯楽活劇篇。主演は「永遠に答えず (完結篇)」の水島道太郎に「錆びたナイフ」の白木マリ。他に二谷英明、安部徹、芦田伸介、近藤宏などが助演。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督鈴木清順
出演水島道太郎 芦田伸介 高品格 安部徹
制作国 日本(1958)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「暗黒街の美女」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-12-02 00:01:07

広告を非表示にするには