燃ゆる女の肖像 作品情報

もゆるおんなのしょうぞう

フランス・ブルターニュを舞台に描く愛の物語

燃ゆる女の肖像のイメージ画像1
燃ゆる女の肖像のイメージ画像2

画家のマリアンヌはブルターニュの貴婦人から、娘のエロイーズの見合いのための肖像画を頼まれる。だが、エロイーズ自身は結婚を拒んでいた。身分を隠して近づき、孤島の屋敷で密かに肖像画を完成させたマリアンヌは、真実を知ったエロイーズから絵の出来栄えを否定される。描き直すと決めたマリアンヌに、意外にもモデルになると申し出るエロイーズ。キャンバスをはさんで見つめ合い、美しい島を共に散策し、音楽や文学について語り合ううちに、恋におちる二人。約束の5日後、肖像画はあと一筆で完成となるが、それは別れを意味していた…。

「燃ゆる女の肖像」の解説

18世紀、フランス・ブルターニュの孤島を舞台に、望まぬ結婚を控える貴族の娘と、彼女の肖像を描く女性画家の一時の恋を描く美しき愛の物語。監督は本作で長編映画5作目ながらにして輝かしい受賞歴を誇るセリーヌ・シアマ。マリアンヌには本作でセザール賞にノミネートされたノエミ・メルラン。エロイーズにはシアマ監督の元パートナーで、セザール賞2度受賞のアデル・エネル。(作品資料より)

燃ゆる女の肖像のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年12月4日
キャスト 監督・脚本セリーヌ・シアマ
出演アデル・エネル ノエミ・メルラン
配給 ギャガ
制作国 フランス(2019)
年齢制限 PG-12
上映時間 122分
公式サイト https://gaga.ne.jp/portrait/

(c)Lilies Films.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、5件の投稿があります。

P.N.「いとちん」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-01-10

純粋に人を好きになり、心を預けた人を生涯想い続ける美しさ。
併せて、捨てきってしまえない家族、世間の常識や期待の重圧。
美しい映像で女性の立場が切なく描かれている。

いろんなものに置き換えて、叶えられない気持ちを抱く人に語りかける映画と思います。

最終更新日:2021-04-11 00:01:01

広告を非表示にするには