ソニア ナチスの女スパイ 作品情報

そにあなちすのおんなすぱい

スパイとしてナチスに潜入した女優の驚愕の実話

ソニア ナチスの女スパイのイメージ画像1
ソニア ナチスの女スパイのイメージ画像2

第二次世界大戦中のナチス占領下のノルウェーで、ソニア・ヴィーゲットは女優として活躍していた。その人気に目を付けたナチスの国家弁務官ヨーゼフ・テアボーフェンは、彼女をプロパガンダに利用しようと画策する。その一方でソニアはノルウェーの隣国スウェーデンの諜報部から、スパイとしてナチスに潜入することを要請される。戦線を拡大させて諸国に侵攻していくナチ・ドイツをスウェーデンは警戒し、情報収集に躍起になっていた。一度はその要請を拒否するソニアであったが、逮捕された父親を解放させるため、テアボーフェンに接近して彼の邸宅に潜入することに成功。次第にテアボーフェンの寵愛を受け、信頼も得るようになったソニアは、ある日、彼からあることを依頼される。それは、ナチスのスパイとして北欧諸国の情報を収集することであった…。

「ソニア ナチスの女スパイ」の解説

2005年に関連文書が解禁されたことからその存在が明らかとなった、ナチス占領下のノルウェーで、スパイとしてナチスに潜入していた女優の真実を描いたノルウェー映画。主人公ソニア・ヴィーゲット役を演じるのは『ヘラクレス』「ウエストワールド」のイングリッド・ボルゾ・ベルダル。監督は、長編『The King of Ping Pong』(2008)でサンダンス映画祭グランプリを受賞したイェンス・ヨンソン。(作品資料より)

ソニア ナチスの女スパイのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年9月11日
キャスト 監督イェンス・ヨンソン
出演イングリッド・ボルゾ・ベルダル ロルフ・ラスゴード アレクサンダー・シェーア ダミアン・シャペル
配給 東北新社、STAR CHANNEL MOVIES
制作国 ノルウェー(2019)
上映時間 110分
公式サイト http://sonja-movie.com/

(C)2019, The Spy AS BR・F, Film i Vast, Scope Pictures, Nordisk Film Danmark - All rights reserved

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ソニア ナチスの女スパイ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-09-19 00:01:02

広告を非表示にするには