プラド美術館 驚異のコレクション 作品情報

ぷらどびじゅつかんきょういのこれくしょん

スペイン美術の粋を90分の映像で楽しむ

プラド美術館 驚異のコレクションのイメージ画像1
プラド美術館 驚異のコレクションのイメージ画像2

世界有数のコレクションを誇るスペインのプラド美術館。ここにある美術品のほとんどは、スペインの歴代の王たちが私費で買い取ったものだ。名優ジェレミー・アイアンズの案内により、そのプラドの至宝の数々がカメラの前に現れる。スペインの三大巨匠のエル・グレコ、ベラスケス、ゴヤの作品はもちろん、見るものを惹きつけるボスの『快楽の園』、そして王室の肖像画の数々。プラド美術館全面協力のもと、名画の数々がスクリーンに映し出される。

「プラド美術館 驚異のコレクション」の解説

パリのルーヴル、ニューヨークのメトロポリタンほど日本では知名度は高くはないが、クオリティから言えばそれらに匹敵するのがマドリードにあるプラド美術館だ。王室のコレクションがもとになっているので、収蔵品の多くはスペイン、あるいはスペインが統治していたフランドル地方やイタリアの作品というのが特徴だ。スペインの三大巨匠の作品が多いのは当たり前だが、ルーベンスやブリューゲルなどのフランドル絵画が充実しているのも特色。なかでもフェリペ2世お気に入りのボスのコレクションは世界一で、『快楽の園』も映画には登場する。俳優のジェレミー・アイアンズがナビゲーターを務めるほか、幾人かのコメンテーターが登場し、『十字架降下』の人物のポーズをピナ・バウシュの舞踊に例えるなど、ユニークな視点が見られるのも面白い。プラド美術館入門編としてもおすすめだ。

プラド美術館 驚異のコレクションのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年7月24日
キャスト 監督ヴァレリア・パリシ
ナビゲータージェレミー・アイアンズ
配給 東京テアトル
制作国 イタリア=スペイン(2019)
上映時間 92分
公式サイト http://www.prado-museum.com/

(C)2019 - 3D Produzioni and Nexo Digital - All rights reserved

手軽に動画で視聴する

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「プラド美術館 驚異のコレクション」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-11-28 00:01:06

広告を非表示にするには