神火101 殺しの用心棒 作品情報

じんかいちまるいちころしのようじんぼう

石井輝男が監督したアクションもの

平和な生活が退屈で、みずから危険にさらすことが生きがいの男、トウ雷は、恋人阿蘭と遊び廻っていた時、意外な事件にまきこまれてしまった。阿蘭の勤め先のナイトクラブで殺人があった。その男が殺される前、トウ雷に謎のテープを渡していた。そのテープには、×国の高額紙幣を大量に偽造し、経済混乱を狙う悪の一味を追っている秘密警察・神火グループの調査内容が録音されてあった。その秘密を知ったトウ雷に、偽造団の暗殺の嵐が襲いかかってきた。自動車の中に機関銃を撃ちこまれたり、散歩中突然、消音挙銃に狙われたり、そのうえ、香港警察の麦警部補に殺し屋と間違えられて手錠まではめられる始末だった。

「神火101 殺しの用心棒」の解説

香港で人気を呼んだ盧森葆と安カ(絵)の絵物語を、「阿片台地 地獄部隊突撃せよ」の国弘威雄が脚色し、「大悪党作戦」の石井輝男が監督したアクションもの。撮影はコンビの平瀬静雄。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督石井輝男
出演竹脇無我 吉村実子 林翠 吉田輝雄
制作国 日本(1966)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「神火101 殺しの用心棒」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-12-22 00:01:06

広告を非表示にするには