子どもたちをよろしく 作品情報

こどもたちをよろしく

子どもたちを取り巻く社会の闇を鋭く描く

子どもたちをよろしくのイメージ画像1
子どもたちをよろしくのイメージ画像2

家族に内緒でデリヘルで働く優樹菜は、母親の妙子と義父の辰郎、その連れ子の稔と4人で暮らしている。辰郎は酔うと家族に暴力を振るい、優樹菜には性暴力を繰り返した。妙子は見て見ぬふりを続け、稔はそんな両親に不満を抱いていた。一方、優樹菜が働くデリヘルの運転手・貞夫は、妻に逃げられたあとギャンブル依存症に陥っていた。息子の洋一は、毎日暗く狭い部屋の中で帰る事のない母親を待ち続けている。稔と洋一は同じ中学校に通っているが、洋一は稔たちのグループいじめの標的になっていた。

「子どもたちをよろしく」の解説

いじめ、子供の自殺、家庭内暴力、格差社会、差別…子どもたちを取り巻く社会にはびこる闇を繊細に、鋭くあぶりだす本作は、企画プロデュースに寺脇研、企画協力に前川喜平という元文部科学省コンビが強力タッグを組んで製作された。『愛なき森で叫べ』の鎌滝えり、『半世界』『長いお別れ』の杉田雷麟、本作でデビューする新人・椿三期のフレッシュな面々が“痛み”を見事に表現している。名バイプレイヤーの川瀬陽太、村上淳らが脇を固める。メガホンをとったのは、『ワルボロ』の隅田靖監督。ビッグイベントが控え、世の中が浮足立つ中で絶え間なく報じられる、子どもが犠牲となる事件の数々。子どもたちの心の中の叫びが突き刺さる感動作だ。

子どもたちをよろしくのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年2月29日
キャスト 監督・脚本隅田靖
出演鎌滝えり 杉田雷麟 椿三期 川瀬陽太 村上淳 有森也実
配給 太秦
制作国 日本(2019)
上映時間 105分
公式サイト http://kodomoyoroshiku.com/

(C)子どもたちをよろしく製作運動体

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「子どもたちをよろしく」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-11-28 00:01:03

広告を非表示にするには