冬時間のパリ 作品情報

ふゆのじかんのぱり

オリヴィエ・アサイヤス×ジュリエット・ビノシュ

冬時間のパリのイメージ画像1
冬時間のパリのイメージ画像2

敏腕編集者のアランは電子書籍ブームが押し寄せる中、なんとか時代に順応しようと努力していた。そんな中、作家で友人のレオナールから、不倫をテーマにした新作の相談を受ける。内心、出版を断るアランだが、女優の妻・セレナの意見は正反対だった。そもそも最近、二人の仲は上手くいっていない。アランは年下のデジタル担当と不倫中で、セレナの方も妻で政治家秘書のヴァレリーに内緒で、レオナールと秘密の関係を結んでいるのだった…。

「冬時間のパリ」の解説

フランスの名匠オリヴィエ・アサイヤスの最新作は、エリック・ロメール監督の『木と市長と文化会館/または七つの偶然』に着想を得た彼の新境地ともいえる作品。紙からデジタルへ、テクノロジーの進化と共に変化を迫られるパリの出版業界を舞台に、編集者と女優、作家と政治家秘書という、二組の夫婦の愛の行方を軽妙なタッチで描き出す。出演は、ジュリエット・ビノシュや、監督としても活躍する『セザンヌと過ごした時間』のギョーム・カネ、『女っ気なし』のヴァンサン・マケーニュ、人気コメディエンヌのノラ・ハムザウィなど。まるでウディ・アレン作品を思わせるような、“フランス的、人生の愉しみ方”が詰まった小粋で洒脱な大人のラブストーリー。

冬時間のパリのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年12月20日
キャスト 監督・脚本オリヴィエ・アサイヤス
出演ジュリエット・ビノシュ ギョーム・カネ ヴァンサン・マケーニュ クリスタ・テレ パスカル・グレゴリー
配給 トランスフォーマー
制作国 フランス(2018)
上映時間 107分
公式サイト http://www.transformer.co.jp/m/Fuyujikan_Paris/

(C)CG CINEMA / ARTE FRANCE CINEMA / VORTEX SUTRA / PLAYTIME

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:2点★★☆☆☆、1件の投稿があります。

最終更新日:2020-02-17 23:30:04

広告を非表示にするには