ロミオとジュリエット(松竹ブロードウェイシネマ) 作品情報

ろみおとじゅりえっと

死んでも守りたい気持ちがある。

イタリア。代々、キャピュレット家とモンタギュー家は敵同士の関係にあった。そんな中、モンタギュー家のロミオとキャピュレット家のジュリエットが出会い、恋に落ちる。許されざる2人の恋の行方は…。

「ロミオとジュリエット(松竹ブロードウェイシネマ)」の解説

ブロードウェイを中心とした舞台作品を映画館で上映する“松竹ブロードウェイシネマ”のシリーズ化第2弾。衣装にジーンズやキャップを取り入れ、シェイクスピアの名作を現代風にアレンジ。オーランド・ブルーム主演で、永遠の悲恋物語が繰り広げられる。共演はブロードウェイの舞台で活躍するコンドラ・ラシャド。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年7月12日
キャスト 監督ドン・ロイ・キング
演出デヴィッド・ルヴォー
舞台監督クリステン・ハリス
出演オーランド・ブルーム コンドラ・ラシャド
配給 松竹
制作国 アメリカ(2013)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ロミオとジュリエット(松竹ブロードウェイシネマ)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-09-21 00:01:07

広告を非表示にするには