クレアのカメラ 作品情報

くれあのかめら

2人の女優の愉快なコラボレーション

クレアのカメラのイメージ画像1
クレアのカメラのイメージ画像2

映画会社で働くマニは、カンヌ国際映画祭への出張中に、突然社長から解雇されてしまう。帰国日を変更することもできず、一人カンヌに残ることにしたマニは、ポラロイドカメラを手に観光しているクレアと知り合う。クレアは、自分が一度シャッターを切った相手はもう別人になるという自説を持つ、不思議な人物だった。そこで二人は、マニが解雇を言い渡されたカフェに行き、同じ構図で写真を撮るのだが…。

「クレアのカメラ」の解説

フランスの大女優イザベル・ユペールと、韓国俳優史上初のベルリン国際映画祭主演女優賞に輝き国際派女優として存在感を増すキム・ミニが共演した話題作。監督は『ヘウォンの恋愛日記』『夜の浜辺で一人』のホン・サンス。本作が撮影されたのは、2016年のカンヌ映画祭。イザベル・ユペールは『エル ELLE』、キム・ミニは『お嬢さん』と、共にコンペティション部門出品の映画の上映でカンヌを訪れていた。その機会を利用したわずか数日の撮影で、このチャーミングな映画は生まれた。(作品資料より)

クレアのカメラのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年7月14日
キャスト 監督・脚本ホン・サンス
出演キム・ミニ イザベル・ユペール チャン・ミヒ チョン・ジニョン ユン・ヒソン イ・ワンミン カン・テウ マーク・ペランソン シャヒア・ファーミー
配給 クレストインターナショナル
制作国 韓国(2017)
上映時間 69分
公式サイト http://crest-inter.co.jp/sorekara/crea/

(C)2017 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-07-25

キム・ミニ主演の一連の恋愛劇のヴァリエーション、愛の形を廻る現実の衝突をフランスを舞台に写し出した…。カメラ片手にミステリアスなフランス人女性クレアを演じるイザベル・ユペール。同一人物の三人三様の女を演じて見せた映画「3人のアンナ」に続く起用、洪サンス監督の映画芸術論、複製芸術の世界観の一端も披露されている見たい何だ!映画作家にとって人生の苦境を乗り超える手立ては只管撮り続ける事で有るかの如く?カンヌ映画祭参加の好機の偶然が想い掛けないミニマルアートへと昇華したって事?


レビューを投稿する

「クレアのカメラ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-11-19 00:01:03

広告を非表示にするには