夜の浜辺でひとり 作品情報

よるのはまべでひとり

キム・ミニが輝く、現代の女性賛歌

夜の浜辺でひとりのイメージ画像1

女優のヨンヒは、不倫関係に疲れキャリアを捨ててドイツのハンブルクにやってきた。女友だちのヨンハと街を散策しながら、自分の真意に向き合う。男性を待っているのか否か、答えはなかなか出ない。時は流れ帰国したヨンヒは、江陵を訪れる。そこで幼なじみたちと出会い、飲みに行く。会話をするうちに酔いが回ったヨンヒはヒートアップ。乱暴に振る舞うヨンヒを、皆は温かく受け止める。そしてヨンヒは女優復帰を考え始めるが…。

「夜の浜辺でひとり」の解説

『お嬢さん』のキム・ミニを新たなミューズに迎えたホン・サンス監督が、ドイツ・ハンブルクと韓国・カンヌンという2つの海岸都市を舞台に描いた、現代を生きる新しいヒロイン像。本作でキム・ミニは、儚くも荒々しい美しさを見せ、誰もがその存在感に圧倒されるはず。第67 回ベルリン国際映画祭では、「女優の美しさが全編を支配する作品」として話題をさらい、キム・ミニは韓国人俳優として初めて「銀熊賞」=主演女優賞を受賞。共演は、『自由が丘で』のソ・ヨンファ、『それから』のクォン・ヘヒョ、『正しい日 間違えた日』のチョン・ジェヨン、『次の朝は他人』のソン・ソンミら。いずれもホン・サンス映画の常連。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年6月16日
キャスト 監督・脚本ホン・サンス
出演キム・ミニ ソ・ヨンファ クォン・ヘヒョ チョン・ジェヨン ソン・ソンミ ムン・ソングン
配給 クレストインターナショナル
制作国 韓国(2017)
上映時間 101分
公式サイト http://crest-inter.co.jp/yorunohamabe/

(C)2017 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-07-27

監督との不倫騒動を乗り超え女優はひとり何処へ行くのか?脱け殻に為った様な中年監督自身の悲痛な雄叫びと共に在る映画人の物語で有った…。格調高いユフス三部作の彼のトルコ映画の美学も構図に加味された風に、時に切なく、時に可笑しく洪サンス監督の映画創作は宛てもなく続くんだー。ウッデイ・アレン監督のシリアス劇映画「インテリア」をも彷彿させる室内から見る浜辺の風景や愛は奪う的な掠奪愛のミラージュ等も垣間見られる事だろう????


レビューを投稿する

「夜の浜辺でひとり」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-10-19 00:01:06

広告を非表示にするには