暗黒の旅券 作品情報

あんこくのりょけん

鈴木清順が監督したスリラー活劇

昼下りの東京駅で、オーロラ座のトロンボーン奏者・伊吹の花嫁・弘美が新婚旅行の直前、突如姿を消した。弘美の足どりを追い疲労の余り酒を飲んで帰宅した伊吹の前に、弘美の絞殺死体があった。警察では弘美が麻薬患者だったと云った。証拠はハンドバッグに入っていた麻薬。そんなことはあり得ない。伊吹は見えぬ犯人へ挑戦を決意した。あの日、駅へ来ると云いながら来なかったマネージャの森脇、ドラムの勝根--二人の姿が伊吹の頭に浮んだ。森脇は正体不明の芸能プロモーター・石丸と親しくしていた。

「暗黒の旅券」の解説

鷲尾三郎の原作を「絞首台の下」の高岩肇が脚色、「らぶれたあ」の鈴木清順が監督したスリラー活劇。撮影は「傷つける野獣」の永塚一栄。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督鈴木清順
出演葉山良二 沢たまき 岡田眞澄 梅野泰靖
制作国 日本(1959)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「暗黒の旅券」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-04-26 00:03:05

広告を非表示にするには