推手<すいしゅ> 作品情報

すいしゅ

太極拳の老師が、心の平穏をつかむまで

ニューヨーク。太極拳の老師の朱が、コンピューター技師として成功した一人息子アレックス、その妻で作家の卵のマーサの夫婦と6歳の孫ジェレミーの家庭へ身を寄せて一ヶ月が経った。英語も分からず、アメリカン・ライフにも馴染まない朱が家にいることで、マーサは神経過敏になり、本の執筆も全く進まず、ストレスを溜め続ける。アレックスはそんな妻と老父の板ばさみで気苦労が絶えず、家庭は毎晩気まずい空気。そんなある日、朱は太極拳を教えていた中国人学校で見事な〈推手〉の技を披露したことから、料理教室の指導教師の陳夫人と知り合い、お互いに親しみを感じ合う。ある日の夕方。

「推手<すいしゅ>」の解説

息子夫婦を頼ってニューヨークへ渡った太極拳の老師が、カルチャー・ギャップを乗り越え、心の平穏をつかむまでを描いたヒューマン・ドラマ。台湾出身の気鋭の映画作家アン・リーの監督デビュー作で、本作で主演をつとめた台湾の名優ラン・シャンを父親役に据えてこれ以降に撮りあげた「ウエディング・バンケット」(93、ベルリン映画祭グランプリ)、「恋人たちの食卓」(94、アカデミー外国語映画賞ノミネート)のニ作を含める〈父親三部作〉の第一作にあたる。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督アン・リー
出演ラン・シャン ワン・ライ ワン・ボー・チャオ デブ・スナイダー ハーン・リー
制作国 台湾(1991)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「推手<すいしゅ>」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-11-16 00:02:32

広告を非表示にするには