首都消失 作品情報

しゅとしょうしつ

小松左京のSF小説を映画化

ある日突然、首都・東京を覆った高さ2km、直径50kmの巨大な“雲”。外部から一切の連絡は行えず、中で一体何が起きているのか想像すらできない。判っている事は2000万人という都民を飲み込んだまま、日本の中枢が突如、機能を停止したという事だけだった…。

「首都消失」の解説

1958年日本SF大賞を受賞した小松左京の同名小説を映画化したSFパニック。監督は『片翼だけの天使』の舛田利雄。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督舛田利雄
原作小松左京
出演渡瀬恒彦 名取裕子 山下真司 大滝秀治 石野陽子
制作国 日本(1987)
上映時間 120分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「首都消失」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-10-15 00:01:22

広告を非表示にするには