ストーンウォール 作品情報

すとーんうぉーる

実話を基に描く60年代の若者たちの青春

ストーンウォールのイメージ画像1

1969年、中西部の小さな町からNYのクリスファーストリートにやってきたダニー。彼は故郷でゲイである事が発覚し、追われるようにしてこのゲイ文化の中心地にやってきた。行き場所のないダニーを仲間に迎え入れたのは、若いゲイたちのリーダー、レイだった。ダニーはさまざまな人々に出会っていく一方、彼らに対する差別や迫害もあり、それはゲイたちが集うバー「ストーンウォール・イン」に警察の捜査が入った事により、爆発する。

「ストーンウォール」の解説

1960年代のアメリカでは、同性愛者に対する差別は法律化されており、それが発覚すれば仕事も失った。そんな中、NYで起きた「ストーンウォールの反乱」は、同性愛者たちが初めて警官に立ち向かった事件として、のちの同性愛者解放運動の原点になった。映画は主人公である田舎の高校生が、初めてNYに着くところから始まる。主人公のダニーを演じるのは、スピルバーグ監督作品『戦火の馬』のジェレミー・アーヴァイン。監督は、『インデペンデンス・デイ』『2012』などSF超大作を得意とするローランド・エメリッヒ。監督による比較的小規模な人間ドラマは意外だが、実は自身もゲイである事を公言しており、兼ねてからの念願の企画だったのだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年12月24日
キャスト 監督・製作ローランド・エメリッヒ
出演ジェレミー・アーヴァイン ジョナサン・リース・マイヤーズ ジョニー・ボーシャン カール・グルスマン ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ ジョーイ・キング
配給 アット・エンタテインメント
制作国 アメリカ(2015)
年齢制限 PG-12
上映時間 129分

(C)2015 STONEWALL USA PRODUCTIONS, LLC

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「ストーンウォール」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-02-23 00:12:47

広告を非表示にするには