ユメノ銀河 作品情報

ゆめのぎんが

バスの運転手を疑う女車掌の姿を描く

ある地方都市、単調な毎日に嫌気がさしていたバスの車掌・トミ子のもとに、別の町に暮らす親友・艶子の死の知らせが届いた。婚約者・新高の運転するバスに同乗していての事故死である。艶子の家へ弔問に訪れたトミ子は、そこで生前の艶子と一緒に写真に収まる新高が、女車掌たちの間で噂になっている殺人鬼の男にそっくりなことを同僚から聞かされた。その殺人鬼は女車掌を散々弄んだあげく、飽きたら事故死に見せかけて殺すのだという。そんな折、艶子が死ぬ前に投函していた手紙がトミ子に届いた。そこには艶子の新高への不安な気持ちがつづられており、彼女も新高が例の殺人鬼ではないかと疑っていたことが分かる。

「ユメノ銀河」の解説

友人を殺したかもしれないバスの運転手への抗しがたい思いに翻弄される女車掌の姿を描いた幻想的なドラマ。監督・脚本は「水の中の八月」の石井聡亙。撮影を「ビリケン」の笠松則通が担当している。主演は「水の中の八月」の小嶺麗奈と、「[Focus]」の浅野忠信。スーパー16ミリからのブローアップ。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督石井岳龍
出演小嶺麗奈 浅野忠信 京野ことみ 黒谷友香
制作国 日本(1977)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「ユメノ銀河」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-06-09 23:30:46

広告を非表示にするには