ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~ 作品情報

ひまらやちじょう8000めーとるのきずな

仲間との絆と友情のため、過酷な登攀に挑む

ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~のイメージ画像1

世界的な登山家オム・ホンギルとその愛弟子にして右腕のような存在のパク・ムテクは、心理関係で結ばれたパートナーだ。アジア初のヒマラヤ8000メートル級の14座完全登頂に成功したホンギルだったが、足に故障が出ている事が発覚、引退を余儀なくされる。彼はムテクに次代を託す。2004年、ムテクは初の隊長としてチームを率い、エベレスト登頂に挑んでいた。だが、登頂成功後の下山途中で悲劇が起きてしまう。

「ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~」の解説

韓国では、同時期に公開された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を抑え初週1位の動員を記録、最終800万人の大ヒットを記録。韓国初の本格的山岳ドラマといわれる本作は、ヒマラヤ8000メートル級14峰の登頂に成功した、実在の登山家オム・ホンギルと仲間たちの軌跡を描いた。監督は『パイレーツ』『ダンシング・クィーン』でヒットメーカーの仲間入りをしたイ・ソクフン。ホンギルを演じるのは、『ベテラン』『国際市場で逢いましょう』などの韓国を代表するカリスマ俳優ファン・ジョンミン。その最愛の後輩ムテクには、ドラマ「応答せよ1994」で多くの女性の心を虜にしたチョンウ。そんな豪華なコンビが、山で結ばれた仲間の“絆”を見事に演じ切っている。

ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年7月30日
キャスト 監督イ・ソクフン
出演ファン・ジョンミン チョンウ チョ・ソンハ キム・イングォン チョン・ユミ
配給 CJ Entertainment Japan
制作国 韓国(2015)
上映時間 124分

(c)2015 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「ポン」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2016-09-01

良く出来た作品。韓国映画にだって当たりハズレがあるけれど、これは堂々たる大作と言っていいでしょう。取り分け山岳登頂シーンは迫力満点の仕上がり。例えCGを使用したとしても、それを感じさせないくらいの演出、脚本の上手さは作品として不可欠ですね。

最終更新日:2021-03-24 15:12:11

広告を非表示にするには