阿修羅城の瞳 2003 作品情報

あしゅらじょうのひとみ2003

ゲキ×シネの原点 新感線35周年記念上映

阿修羅城の瞳 2003のイメージ画像1

文化文政の江戸。かつて、人を食らう鬼を斬る「鬼御門」の副長だった病葉出門は、今は江戸随一の人気を誇る舞台役者として活躍していた。ある日出門は、江戸を賑わす盗賊団の一員、つばきと出会う。強く惹かれあう2人だが、その時、つばきの肩に謎のアザが浮かび出た。同じ頃、鬼を率いる謎の尼僧・美惨は、つばきのアザを、鬼の王・阿修羅の復活と見て取り、阿修羅の力に魅せられ道を外れた鬼御門、邪空を送り込む。

「阿修羅城の瞳 2003」の解説

エンターテイメント界のトップを走る劇団☆新感線の人気舞台を、まるで映画のように楽しめる作品として、多くの観客に届けるべく映画館で上映するという演劇映像のスタイル“ゲキ×シネ”。本作は、劇団☆新感線の代表作の一つで、初めて映画館でテスト上映をし、ゲキ×シネの原点と言えるもの。2015年、劇団☆新感線35周年を記念して、デジタルリマスター版として上映。壮絶な過去を持つ出門役の市川染五郎は、飄々としながらもぞくぞくするほどの色気を併せ持ち、鬼気迫る瞬速の立ち回りで観客を圧倒。謎の女・つばきと鬼の王・阿修羅を見事に演じ分けた天海祐希は、その気風の良さと得も言われぬ美しさで観客を魅了。そしてつばきを執拗に付け狙う邪空を演じる伊原剛志は、その尋常ならざる闘志と迫力ある存在感で観客を熱狂させた。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年4月11日
キャスト 中島かずき
演出いのうえひでのり
出演市川染五郎 天海祐希 夏木マリ 高田聖子 橋本じゅん 小市慢太郎 近藤芳正 伊原剛志
配給 ヴィレッヂ、ティ・ジョイ
制作国 日本(2015)
上映時間 175分

(C)2015 ゲキ×シネ『阿修羅城の瞳 2003』/松竹、ヴィレッヂ

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「阿修羅城の瞳 2003」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-01-17 00:02:21

広告を非表示にするには