嵐を突っ切るジェット機 作品情報

あらしをつっきるじぇっとき

蔵原惟繕が監督したアキラ航空アクション篇

榊拓次二尉は航空自衛隊アクロバット・チームの一員。その兄英雄も父の遺志を継ぎ、私設の航空集団“太平洋”の維持に懸命だが、ここにいるのは米空軍くずれの黒人チコ、九人の子持ちの千石、適性検査に失格した堂本たち。そして事務所で働く杉江マキは、空の好きな明るい娘だ。ある日、アクロ・チームの隊長杉江が墜落死、ためにチームは解散と決った。大反対の榊二尉は命令に反して曲芸飛行をやり、休暇をいい渡されて兄のもとに出かけた。そのころ、英雄は劉という外国人の麻薬商人に沖縄へ飛ぶことを迫られていた。

「嵐を突っ切るジェット機」の解説

「ヒマラヤ無宿 心臓破りの野郎ども」の松浦健郎の原作を「俺は地獄へ行く」の星川清司が脚色、「海の勝負師」の蔵原惟繕が監督したアキラの航空アクション篇。撮影は「白い雲と少女」の間宮義雄。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督蔵原惟繕
出演小林旭 葉山良二 笹森礼子
制作国 日本(1961)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「嵐を突っ切るジェット機」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:20:00

広告を非表示にするには