パリよ、永遠に 作品情報

ぱりよえいえんに

運命の一夜がパリを救う

パリよ、永遠にのイメージ画像1

第二次世界大戦末期の1944年8月、ナチス占領下のパリに米・英・自由フランス軍からなる連合軍が迫る。決定的な敗北を前に、ヒトラー総統から無意味なパリ壊滅を命じられ苦悩する司令官コルティッツ将軍を、中立国スウェーデンの総領事ノルドリンクが訪れ、停戦を提案する。上官の命令には絶対服従が軍人としての使命と信じるコルティッツと、パリをこよなく愛するノルドリンクの一世一代の駆け引きが始まる。

「パリよ、永遠に」の解説

世界一美しい都と讃えられ、歴史・文化・芸術の宝庫であるパリ。もしもそのパリが消滅していたら、その後の世界はどうなっていただろう。破壊し尽くす以外にも振り上げた拳を収め手段があるという史実を描き、大ヒットしたフランスの舞台を映画化したのが本作である。総領事ノルドリンクと将軍コルティッツに扮し緊迫する駆け引きを演じたのは、舞台版と同じく『恋するシャンソン』のアンドレ・デュソリエと、『預言者』のニエル・アレストリュプというフランスの名優二人。メガホンをとったのは、ドイツ人ながらフランスで学びキャリアを積んだ『ブリキの太鼓』『シャトーブリアンからの手紙』の名匠フォルカー・シュレンドルフ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年3月7日
キャスト 監督フォルカー・シュレンドルフ
原作シリル・ゲリー
出演アンドレ・デュソリエ ニエル・アレストリュプ
配給 東京テアトル
制作国 フランス=ドイツ(2014)
上映時間 83分

(c)2014 Film Oblige - Gaumont - Blueprint Film - Arte France Cinema

手軽に動画で視聴する

DVD・ブルーレイ発売情報

パリよ、永遠に

パリよ、永遠にジャケット写真
発売日2015年9月2日
価格3,900円+税
発売元日活
販売元ハピネット
型番BBBN-1186


【特典】
磯村尚徳(NHK初代キャスター、元NHK報道局長)×堀淳(元NHKアナウンサー、ジャーナリスト)シンポジウム
予告篇
オリジナル予告篇

(C)2014Film Oblige-Gaumont-Blueprint Film-Arte France Cinema

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「パリよ、永遠に」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-12-04 14:52:36

広告を非表示にするには